「芸術植物園」が愛知県美術館で開催 - 古代から現代までの植物表現を展示

写真拡大

「芸術植物園」が愛知県美術館で開催される。期間は2015年8月7日(金)から10月4日(日)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

「芸術植物園」は、幅広い植物の表現を集めた展覧会。会場には、古代の植物文様から、江戸時代の花鳥画、東西の本草学図譜、近代の植物写真、そして現代美術における植物表現までが登場。実に多様な、時に現実には存在しない植物までもが、美術館という温室のなかに生い茂っている。

他にも、この展覧会のために設置されたインスタレーションや、日本最初の理学博士・伊藤圭介の資料も紹介。

つくられた時代も場所もまったく異なる植物作品が、どのように表現されているのかを見比べることで、ただ瑞々しく美しいだけではない意外な姿に出会うことができるだろう。

【展覧会概要】
芸術植物園
期間:2015年8月7日(金)〜10月4日(日)
開館時間:10:00〜18:00 金曜日は20:00まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:毎週月曜日、9月24日(木)
※ただし9月21日(月・祝)は開館
観覧料:
・一般 1,100(900)円
・高校、大学生 800(600)円
・中学生以下無料
※前売券販売期間:6月19日(金)〜8月6日(木)
※( )内は前売券および 20 名以上の団体料金。
※上記料金で、同時開催のAPMoA Project, ARCH およびコレクション展も鑑賞可能。
※「身体障害者手帳」、「精神障害者保健福祉手帳」「療育手帳」のいずれかを持参すると、また、その手帳に「第1種」または「1級」と記載のある人の付き添い1名まで当日料金が半額。美術館チケット売場にて購入。
※小・中学生は美術館チケット売場で無料観覧券を受け取り。
※前売券および当日券は、愛知県美術館チケット売場、主要プレイガイド、チケットぴあ(P コード:766-821)、ローソンチケット(L コード:47518)などで購入。