献立を考えたり、料理を作ったりすることが面倒だと感じることはありますか?

写真拡大 (全4枚)

 マザーファーストが運営するクラウドソーシング「ママタント」のアンケートサービス「ママタントリサーチ部」は、20代〜30代の母親たちに、毎日の料理について、アンケート調査を行い結果を公開した。

 献立を考えたり、料理を作ったりすることが面倒だと感じることがあるか聞いたところ、98%が「はい」と回答した。

 料理が面倒臭いと最も強く感じるのはいつか聞いたところ、「夕食」が59.2%で最も多く、次いで「昼食」20.4%、「毎食」14.3%、「朝食」は4.1%という結果となった。

 料理が面倒な時はどのようにして自身の負担を減らしているのか聞いたところ、「料理の品数を減らす」が46.9%で最も多く、次いで「炒めるだけ、混ぜるだけ、の料理の素を利用する」44.9%だった。「スーパーのお惣菜を利用する」と回答したのは30.6%で、「出前やデリバリーサービスを利用する」は2.0%にとどまっている。

 メニューを決める際に重視していることを聞いたところ、「ご自分の好きなメニュー」を重視するという回答は18.4%にとどまり、「ご主人の好きなメニュー」55.1%、「お子さんが好きなメニュー」53.1%で、家族の好みを優先させて決めていることがわかった。また「あまり手がかからないメニュー」も55.1%で、半数以上が手をかけずに料理をすることを重視しているようだ。