写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪に誕生する複合施設・EXPOCITYに開発準備中の海遊館初プロデュースとなる新施設「NIFREL(ニフレル)」の開業日が11月19日に決定したことが3日、明らかになり、施設概要も発表された。

NIFRELは水族館、動物園、美術館のジャンルを超えて、アートを楽しむかのように、生物や自然の魅力を直感的により身近に楽しめる施設で、コンセプトは「感性にふれる」。地球が育む多様な命と個性を、「いろ」「わざ」「すがた」「WONDER MOMENTS」「みずべ」「うごき」「つながり」の7つのテーマで表現し、生き物たちと造形物、照明、映像、音楽が融合する空間展示で感性を刺激する。さらに、人と生き物、人と自然、人と人をつなぐ役割の飼育員・キュレーターが客を迎え、コミュニケーションを取りながら、生き物たちとの出会いをサポートする。

このたび、7つのゾーンのうち、5つのゾーンの展示概要も公開。「いろにふれる」ゾーンは、ゆるやかに色が変化していく空間で、意識が色に集中するような仕組みになっている。水のゆらぎを感じるふたのない13台の水槽には、透明の水の中でバイカラードッティーバック、ニシキテグリといった色鮮やかな魚たちが泳ぐ。「すがたにふれる」ゾーンは、光のドットが続く空間のなかに不思議な姿が浮かび上がり、一見すると無機的に見える水中の造形物と姿かたちが不思議なチンアナゴ、ボロカサゴといった生き物の個性が調和する。

「WONDER MOMENTS」ゾーンは、吹き抜けの空間に浮かぶ直径5mの球体とフロアにアーティスト・松尾高弘氏による光のインスタレーションが描かれる、"自然現象の美しい瞬間"を切り取った映像と音楽が融合する光のアート空間。「みずべにふれる」ゾーンでは、木立を連想させる室間と、光が差し込む開放的な空間をつなぎ、水辺の環境に適応してきたイリエワニやミニカバといった生き物たちの暮らしを見ることができる。そして、「うごきにふれる」ゾーンは、生き物たちの遊び場。1本の小川を隔てて向こう側が生き物たち、こちら側が生き物と人間のエリアとなり、ワオキツネザルやカピバラなどの生き物が暮らす世界に入り込む体験ができる。

また、オープン前にNIFRELを体験できる「プレミアムプレビューにご招待」Twitterクイズもスタート。「この(下記画像)の模様の生き物たちがやってきます。さて何でしょうか?」というクイズに正解すると、正解者の中から抽選で10人にプレミアムチケットがペアでプレゼントされる。応募方法はNIFREL公式Twitterのフォロワーになり、タグ「#ニフレルにふれる」と共にクイズの答えをツイートすること。答えは10月上旬に公式サイトにて発表される。スペシャルプレビューでは、NIFREL内覧に加え、カフェでのランチやグッズも特典として付く。