左がポゼッションで、右が速攻――。攻撃のバランスを示すメーターがあるなら、ブラジル・ワールドカップのころはバランスの針が極端に左へと傾き、今は右に振り切れている状態だ。

 ザッケローニ時代の「自分たちのサッカー」からの脱却を目指し、「勝つためにはスタイルを選ばない」アギーレ前監督を招集したが、ハリルホジッチ現監督になって再び、「自分たちのサッカー」に縛られ始めている。「ボールを保持して主導権を握る」スタイルではなく、今度は、「縦に速いサッカー」という自分たちのスタイルに......。

 1−2で痛恨の逆転負けを喫した8月2日の北朝鮮戦。Jリーグの試合をこなしたのが7月29日で、中国入りしたのが30日。現地で初練習を行なったのが31日だったから、その時点で北朝鮮戦は2日後に迫っていた。

 選手のコンディションが厳しい状態にあったのは間違いない。それだけでなく、砂の混じった劣悪なピッチコンディション、さらに18時20分のキックオフだというのにスタンドの温度計は35度を表示していた。おそらくピッチの上の体感温度は、40度近くあっただろう。

 だとすれば、なおのことコンディションや気候に応じたサッカーをするべきで、こんな酷暑のなかでは、あのドイツ代表であっても猛プレスとコレクティブカウンターを90分間繰り出すことは不可能だろう。

 劣悪なピッチコンディション、酷暑のもとでの大会として思い出されるのは、2007年の東南アジア4ヶ国共催によるアジアカップだ。この大会で日本代表を率いたオシム監督は、中村俊輔、遠藤保仁、中村憲剛というプレーメイカー3人の同時起用に踏み切った。

 ボールを保持することで体力の消耗を可能な限り抑え、逆に、パスで振り回すことで相手から体力を奪い取る――。そんな狙いが、そこにはあった。

 当時、欧州組のなかでこの大会に招集されたのは、中村俊輔と高原直泰のふたりだけ。若いチームだったためにナイーブさをのぞかせ、大会は4位で終えたが、オシムの狙い自体は理にかなったものだった。

 一方、8年後の日本代表は90分間、監督の指示に従い、縦に速い攻撃を繰り出そうとした。その結果、後半に入って「ガス欠」を起こし、パワープレーから2失点を許してしまった。

 ハリルホジッチ監督が強調する「縦に速い攻撃」や、「デュエル(1対1での強さやフィジカルコンタクトの強さ)」は、たしかに日本サッカーに欠けていたものだ。日本が世界の列強を倒すには、身に付けるべきものだという認識に間違いはない。

 だが、日本にとっては、「対世界」の前に、「対アジア」という壁がある。

 日本に対して恥も外聞もなくベタ引きしてくるチームもあれば、なりふり構わずロングボールを放り込んでくるチームもある。相手はあの手この手でアップセットを狙ってくるうえに、劣悪なピッチ状態、猛暑のなかでゲームということが、ザラにある。

 そんなアジアを勝ち抜いたうえで、世界の列強にも勝利する。だからこそ、ブラジル・ワールドカップのあと、状況に応じて柔軟なサッカーをしなければならない、という認識に落ち着いたはずだ(U−22日本代表のコンセプトのひとつは、柔軟性だ)。

 もちろん、ハリルホジッチ監督はそんなことは百も承知で、まずは足りないものを植え付ける。それが身について初めて柔軟に戦っていく、という腹づもりなのかもしれない。

 だが、現時点で指揮官は、「それ以外の引き出しの中身」を見せてくれていない。だから、「これしかない」のか、「あえて強調しているだけ」なのかわからない。その点はこれから見極めていかなければならないポイントだ。

 選手も難しい立場にある。

 ハリルジャパンが結成されてまだ日が浅く、ましてや欧州組が参加していないこの東アジアカップは、「オーディション」に近いものがある。戦術理解度の高さは、サバイバルレースに生き残るうえで大きなウエイトを占めているはずで、選手たちが、まずは指揮官の思い描く戦術を90分間実践してみようという心構えでいることは、話を聞けばよくわかる。

「監督が新しく就任して、これまでのポゼッションサッカーから縦に速いサッカーに変えているので、難しさもあるし、ミスも起こりやすい。でも、せっかく縦に速いサッカーにチャレンジしていたのに、元に戻す必要はないし、ミスすることより、チャレンジしない臆病なプレーのほうがよくない。たとえボールを失ったとしても、その後にしっかり切り替えて戦う姿勢を出したり、奪い返したりすることが重要だと思います」(DF槙野智章)

「監督は現代フットボールをすごくよくわかっている方。縦に速い攻撃がまだまだ足りないとよく言われるし、フィジカル面もまだまだだと言われる。監督がそこを目指しているのなら、選手としてはトライしたい」(MF谷口彰悟)

 もっとも、屈辱的な敗北から一夜明け、選手たちも思うところがあったようだ。ベースは「縦に速い攻撃」ということを強調しながら、時間帯や状況によっては臨機応変に戦ってもいいという言葉が聞かれるようになった。とりわけその意識が高いのが、ピッチの中央でプレーし、ゲームをコントロールする立場にあるボランチ陣だ。

「縦の意識を持ってやってきていたから、どうしてもその意識が強かった。まずは監督が求めていることをやるのが大事。そのなかで、ああいう展開になるのであれば、自分たちがグラウンドで判断して、時間を作るべきだったかなって思うところはあります」(MF山口蛍)

「90分間やれるフィジカルが、自分たちにはまだ足りないというのを感じました。でも、監督が目指しているところはそこなので、最初から逃げるのではなく、トライしてできるようになりたい。ただ、うまくいかなくなったとき、少し落ち着かせてもう1回、チャンスをうかがうというのでもよかったかな、という感覚ではいます」(谷口)

「裏のスペースは空いていたし、得点の機会は何回もあったので、攻め方自体はそんなに間違っているとは思わないんですけど、精度は詰めていかなければならないですし、もちろんそれだけでもいけない。しっかりとゲームメイクしなければならなかったし、試合を通して自分たちの時間も少なかったんじゃないかと思います」(MF柴崎岳)

 6月のシンガポール戦に続き、北朝鮮戦でも痛い目に遭ったことで、ハリルホジッチ監督もおそらく気がついているはずだ。「対アジア」と「対世界」とでは、まったく異なる難しさがあるということに。

 北朝鮮と似たようにフィジカル勝負を前面に押し出してくる韓国・中国との2戦で、指揮官は柔軟な采配を見せるのか(北朝鮮戦後、残り2試合で何か違うことをトライしたい、とも言っている)。それとも、指揮官の姿勢が変わらずとも、選手たち自身が柔軟にゲームをコントロールするのか――。大会の行方、選手個々のアピールとともに、注目したいポイントだ。

飯尾篤史●文 text by Iio Atsushi