堂本光一グッズが欲しい…猛暑でも数千人が大行列した“ブツ”とは?
<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

「コンサートは物販で儲けるもの」だと言います。

 チケットの収益だけではキビシイので、グッズを捌いて帳尻を合わせるのが興行の常道なのだそう。ところで、有名なロックスターY氏のグッズでは、ロゴ入りのビーチタオルが定番の品。

 Y氏は公演中に「今日は何色のタオルが売れてない?」とスタッフに訊ね、「黄色がイマイチです!」と返ってきたなら、黄色いタオルを纏ってステージに登場。

 結果、伸び悩んでいた黄色タオルがバカ売れしたりするそうです。アーティストが身につけたり、発案した品を欲しくなるのは、ヲタなら当然といえましょう。

◆PVの小道具にちなんだ懐中時計に大行列が

 さて先日、堂本光一さんのコンサートグッズが評判を呼び、猛暑の屋外に数千人規模の行列ができるに至りました(※)。ヲタがこぞって買い求めたのは、光一さんのPVの小道具にちなんだ懐中時計。

 クラシカルな懐中時計はツアーの世界観にマッチしており、何より光一さん自身が「懐中時計なんてどうですかね?」と提案したものと知ってヲタは色めき立ちました。

 これは、なんとしても買わねばならん……!

 かくして、日頃「美白!」だの「紫外線イヤっ!」だの騒いでいる女性たちが黙々と真夏の空の下に集結。敷物や椅子を携えて、夏フェスか花火の場所取りみたいなテイで数時間ひたすら陽に炙られたのです。

◆手に入れたときのエクスタシーは表現できない!

 私も、水、お茶、冷えピタ、保冷剤、カロリーメイト、タオル、文庫本などを持って参加しました。

 列が進むたび、日陰に入れたらホッとし、モロ出しで陽を浴びれば舌を打つ。意識が朦朧とすれば保冷剤を脇に挟み、前後の人と励ましあって縮まる時間に希望をつなぐ。

 立ちっぱの人には敷物を勧め、菓子を分け、融通しあって買い物や用足しに行く。おたがいライバルでありながら、ともに巨山を登るパーティーのような連帯感がそこにありました。

 ついに時が来て、念願の品を手にした際のエクスタシーをなんと表現したものか。

 グッズがヘボいと、「これなら買わなくて済む!」とか「節約できてラッキー」なんて強がってみるでしょうが、内心はさみしいことこの上ありません。

 やっぱり、いてもたってもいられなくさせてくれてこそジャニーズです。ただ、あまりに数が少ないとか、初日に売り過ぎて翌日分がないなどの采配ミスはツラすぎ。そのへんは慎重にしていただきたいところです。

◆嵐のグッズ先行発売再び

 たとえ激戦のコンサートを見れなくても、グッズを手にできればだいぶ救われるもの。

 今秋の嵐コンサート“ARASHI BLAST in Miyagi”では、完全入場予約制のグッズ先行販売二次受付が行われることになりました。定員を上回った場合は抽選とのことですが、「コンサートも外れたし、一次応募もダメだった!」という方には敗者復活の朗報と思われます。

 話題のジャニグッズを手に入れるチャンス、ちょっくらチャレンジしてみてはいかがですか?

【ARASHI BLAST in Miyagi グッズ先行販売二次受付】 http://www.ntv.co.jp/shiopara/arashi/
8月7日(金)12時まで、専用サイトで応募受付。グッズ販売会場は、日本テレビの夏イベント“超汐留パラダイス! 2015 SUMMER”特設会場。

【KOICHI DOMOTO LIVE TOUR 2015 Spiral】
8月12日(水)〜13日(木)マリンメッセ福岡、8月21日(金)名古屋ガイシホールにて開催。

※横浜アリーナ公演、大阪城ホール公演時。

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>

【みきーる】
ジャニヲタ・エバンジェリスト。編集者&ライター。出版社勤務を経て、2000年に独立。著作に『ジャニヲタあるある+』『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)、『ジャニヲタ談話室!』(イースト・プレス)、『ジャニヲタあるある』『ジャニヲタあるある フレッシュ』『パンダフルワールド』(アスペクト)など。『Gina』(ぶんか社)にて、「だてにジャの世は見てねぇぜ! ジャニヲタ魂!!」連載中。ジャニヲタ歴は、約20 年。グループを問わず応援する”事務所担”。mixiコミュニティ”ジャニーズチケットお見合い処”管理人。Twitterアカウント:@mikiru

●公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』

●イラストレーター二平瑞樹の育児マンガ「にひパパの育児絵日記」

●マスコットキャラクター『クマる君』のLINEスタンプ発売中!