「倉田製作所 毛抜き」(眉毛用 3mm 9180円)

写真拡大

 枕草子の七七段に「ありがたきもの」として、「毛のよく抜くるしろがねの毛抜き」という記述があるぐらいだから、平安時代から金属製の毛抜きはあったようだ。

 現在のような形になったのは江戸時代。浅草には毛抜き鍛冶と呼ばれる職人が多数いたが、関東大震災と太平洋戦争でその数は激減していった。

「初代の倉田米吉郎は11才の時に浅草で5代続いた毛抜き職人『大沢角久』に徒弟奉公に入った後、独立しました」

 と語るのは、明治8年創業「倉田製作所」の3代目・倉田義之さん。

 2代目の福太郎さんは、人形町の打刃物の老舗「うぶけや」で修業を重ね、技を磨いた。その背中を見て育った義之さんは、疎開先の新潟で12才の時から父の仕事を手伝い始めた。現在、「江戸本手打ち毛抜き」の技術を受け継ぐただ1人の職人だ。  

「機械で一気につぶせば時間も労力もかかりませんが、手で叩くことで金属組織の密度が高まって強度が増し、ほどよいバネのある毛抜きに仕上がるんです」

 叩いて曲げて磨き、調整をかける工程は30以上。最後に光にかざしながら2枚の刃先を隙間なく合わせる。この微妙な作業はすべて職人の目と指加減によるもの。機械では決してできない作業だ。

「先代は88才まで仕事一筋の職人として働き通しました。私も今年で82才。“手を抜くな。念には念を入れろ”の言葉を胸に、金づちをふり続けています。この先代から受け継いだ技を4代目の息子に受け継いでもらわなければ」

 そう語る義之さんの隣りでは、4代目の聖史さん(50才)が黙々と作業を続ける。

 伝統的な技術に加え、試行錯誤しながらさらに進化を続ける「倉田製作所」の毛抜き。そのやさしい「抜け」具合は、一度使うと手放せなくなる。

※女性セブン2015年8月13日号