30代未婚女子の手取り月収はいくら? 独り身でやっていけるの?

写真拡大

仕事を始めたときは、右も左もわからなかった状態だったのに、30代ともなればベテランの域。ある程度の成果は出せるようになったという女性も多いのではないでしょうか。30代未婚女性は自分の月収についてどう感じているのか聞いてみました。

Q.あなたの月収(手取り)を教えてください。

10万円未満 1.8%
10万円以上〜15万円未満 11.9%
15万円以上〜20万円未満 31.2%
20万円以上〜25万円未満 24.8%
25万円以上〜30万円未満 16.5%
30万円以上〜35万円未満 7.3%
35万円以上〜40万円未満 2.8%
40万円以上 3.7%

Q.今の給料は仕事内容に見合っていると思いますか?

見合っている・適正だと思う 46.1%
仕事内容に比べて給料が高いと思う 5.2%
仕事内容に比べて給料が安いと思う 48.7%

毎月の月収に関して、妥当だと思っている人と、給料が低いと感じる女性とで約半々の結果になりました。それぞれ、意見を聞いてみましょう。

■見合っている・適正だと思う

・「16万円/こんだけもらえれば生活できるから」(36歳/医療・福祉/専門職)

・「19万円/あまり残業もなく、そこまできつい仕事ではないので。給料も高すぎず低すぎず普通だと思う」(31歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「27万円/きちんと休みも取れるし、やっている内容も妥当だと思うから」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

その額に幅はあるものの、やはり労働環境の良さが月収の満足度を上げているようです。休みがしっかりと取れること、仕事内容が過酷すぎないこと、生活に困らない金額であることの3つがそろえば、それほど月収に不満が出ることはないでしょう。

■仕事内容に比べて給料が高いと思う

・「18万円/現在の経営状態と仕事内容からして、給与額は他の企業よりはまだ多い方だと思う」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「40万円/同年代の他の職種の友人よりも高いお給料を頂いていますが、完全週休2日&残業なしの職場なので」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「35万円/残業がないから」(31歳/電機/秘書・アシスタント職)

同じ職種でも働いている地域や企業によって月収はまったく変わってきます。給料が高いことに満足していられるうちはいいのですが、その仕事にやりがいや成果を求めるようになったとき、「こんな仕事内容でこの金額をもらっていていいのだろうか」と考えることもあるでしょう。

■仕事内容に比べて給料が安いと思う

・「40万円/夜勤もあって、心身ともにストレスフルな仕事で経験も10年以上あるのでもっともらってもいいと思う」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「15万円/アルバイトで働いているが、社員同等の職務だから」(30歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

・「19万円/残業届を出しちゃいけないという暗黙のルール。毎日2時間ぐらい残業しているので、割り返したら安い」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

月給に対して不満を感じるとき、その原因の多くは金額そのものよりも労働が過酷であることにあります。深夜の労働やサービス残業、勤務形態と職務内容の境界線が曖昧……など、労働者の権利がしっかりと守られていない場合や、仕事ができる人ほど苦労するという構図が当たり前になっている面もあるでしょう。

仕事は、どんな職種でも納得して働くことが何よりも大切になります。月収を始めとする不満がどんどんたまっていくと、ストレスで体に悪影響を及ぼすことも。給与交渉などなかなか難しいのも現実ですが、いい仕事をするには適度なガス抜きも必要です。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答件数115件(30歳〜39歳の未婚女性)