腰椎破裂骨折から復活した「ずん」のやすさん(右)(写真は所属事務所の公式プロフィールより)

写真拡大

 2012年2月、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の新潟県内のスキー場での収録中に、ゲレンデを水上スキー用のゴムボートで走行、スピードが出過ぎていたため雪で作った停止点で止まることができず、その先のトタンに腰を強打して、腰の骨を折る大けがを負ったお笑い芸人「ずん」のやすさん。腰椎破裂骨折と診断され、全身麻痺で体は殆ど動かせず、一時は復帰も絶望視されていたが、その後、順調な回復を見せた。そして同年8月、舞台で仕事に復帰した。

 事故が起きた当初は、麻痺が残ったり、車いす生活になる可能性も危惧されたが、後遺症もなく復帰。激しい動きや飲酒などは禁じられていたが、舞台では自らの両足でしっかり立ち、歩くことのできるほどに回復した。

麻痺が残り完治しないケースもある

 腰椎破裂骨折を侮ってはいけない。ずんのやすさんは無事に復帰できたが、症状がかなり重いこともある。藤田保健衛生大学七栗サナトリウム病院長・園田茂先生は次のように語る。

 「背骨は頸椎、胸椎、腰椎に分かれます。それぞれ、神経の束である脊髄の前側にある椎体、後ろ側に位置する椎弓・棘突起に分かれます。椎体の骨折のうち、椎体の後壁、すなわち脊髄に接するところまで骨折している場合を破裂骨折と呼び、不安定な状態です。不安定だと、骨折が癒合しない(偽関節と呼ばれます)場合があり、これが完治しないケースに当たると思われます。もうひとつ、破裂骨折では神経の障害を伴うことがあり、神経損傷による麻痺が治らないという意味でも完治しないことがあります」

 軽度の症状(多少の疼痛)と、重度の症状(激しい痛みなど)によって、リハビリプログラムが異なる。「疼痛からリハビリプログラムが決まるわけでは無いので答えにくい」という園田先生に、敢えてリハビリのプログラムを挙げてもらった。

 「まず、手術適応で手術をしたかどうか、その手術で安定が得られたのかどうかによって大きく話が変わってしまいます。手術するかどうかは、麻痺の存在や、脊髄の圧迫、破壊の程度、不安定の程度などで判断されます」

 手術で安定が得られた場合は、次のようにリハビリが推進される。

 「運動麻痺などの神経症状が無くて済んだのであれば、コルセットを装着して術後1週程度から歩行訓練を開始が出来たりもします。その場合、コルセット自体は4ヶ月程度の装着が必要です。コルセットの種類(硬性、半硬性、軟性)による違いは、意見が分かれていて一致した見解がありません」

麻痺が残ったときのリハビリの方法とは?

 手術をして安定は得られたが、運動麻痺が残った場合には、その麻痺の程度に合わせて、リハビリテーションが行われる。

 「麻痺が軽ければ、麻痺している筋肉を使うように起立・歩行訓練などが行われます。下肢の完全麻痺のような状態であれば、車椅子での生活自立を実現するため、上肢を鍛え、車椅子への移乗などが出来るようにしていきます」

 では手術をせずに保存加療が選ばれた場合は、どうなるのか。

 「骨癒合をめざすため、当面数ヶ月単位で臥床安静となるので、四肢の筋力低下など、廃用症候群(※注)が生じてきます。それを少しでも少なくするために、下肢筋力増強訓練、例えば、寝て足を伸ばしたまま、踵を浮かせるように力をいれるなどを行っていきます。痛みが強ければ、これも、ままならないことになります」

............................
【※注】廃用症候群
病気や怪我などで、過度に安静にすることや、活動性が低下したことによる身体に生じた状態のこと。特に高齢者では、知らないうちに進行しがち。気がついた時には、「起きられない」「歩くことができない」などの状況が見られる。
病気や怪我によって安静臥床にしていたことによる廃用症候群の改善が、リハビリテーションでは特に大切な課題だ。
............................

 廃用症候群を決して侮ってはいけないと、園田先生。

 「廃用症候群は、他に関節拘縮(関節が固くなる)、自律神経の能力低下(起立性低血圧、脈がすぐ速くなる)、腸管の蠕動運動低下、骨粗鬆症、認知機能低下などもあります。どの程度の期間、臥床安静にすべきか、その後どの程度コルセットを装着しておくかは、病状、医師の意見によりまちまちです。可能ならば座位、立位をとることが廃用を改善される一番良いリハビリテーションとなります」

復帰のポイントは「廃用症候群を少しでも起こりにくくすること」

 ずんのやすさんの場合は、リハビリもかなり成功したと推定できるが、復帰のために必要なリハビリは「廃用症候群を少しでも起こりにくくすること」とアドバイスする園田先生。

 「ただし、安静の範囲を超えて行うことが出来ませんね」と、あくまでも症状に合わせ、担当医の指導の下に行うことを強調する。

 腰椎破裂骨折を完治して、復帰するためには、安静臥床にしていたことによる廃用症候群の改善が大きなキーワードになる。

 「廃用症候群の改善は、非常に大雑把な言い方をすると、寝ていた期間の2〜3倍の期間の訓練が必要です。そのため歩いて社会復帰した場合を例にすると、受傷後再び歩き出した頃までの期間の2〜3倍の期間は、筋力をつけたり、体力をつけたりの必要があると言えましょう」

 また退院後に、通院という診断が出た場合のリハビリはどのようになるのだろう。

 「通院が、経過をみるという意味であれば、骨折後の状態をレントゲンなどで確認するために何ヶ月かに1度の確認が必要かと思います。

 リハビリテーションのために通院するという意味であれば、自主訓練が出来ない身体状況の場合かもしれなせん。そうでなければ、自主訓練で良いかと思います」

 退院後の自主訓練も重要だ。担当医の指示を仰ぎながら、億劫と思わず、継続することが大事だ。
(取材・文=夏目かをる)