Doctors Me(ドクターズミー)- 外出時につわり…知っておきたい簡単ツボ押し!

写真拡大

妊娠には様々な大変なことがつきまといますが、一番の難関はつわりではないでしょうか。
食事がとれない、動けない、しんどい、などありますが、とくに外出時に症状が出ると困ってしまいますよね。
外出時のつわり対処に役立つツボ・マッサージについて医師に聞いてみました。

■ 1. みぞおちマッサージで吐き気を緩和

つわりに伴う吐き気を押さえるためには、吐き気を感じる神経を少し和らげてあげることが大事です。
吐き気は胃や腸から感じることが多いもの。そんなときは、おなか周りのマッサージをすることで、症状が和らぐことがあります。

具体的には、みぞおちです。ここを押すのではなく柔らかくマッサージしてあげることで、つわりが和らぎます。場合によっては少し温めるのもよいでしょう。
つわり以外の吐き気の時でも、みぞおちをマッサージすることで、症状が少し和らいだ経験はありませんか?

決して強く押したりして、痛みを感じることがないようにしてください。

■ 2. こめかみマッサージでつわりを軽減

もう一つは、こめかみです。
ここには全身から集まる感覚を脳に伝える大事なツボがあります。 妊娠中のつわりは、肩こりや首のこりも大きな原因となります。
こめかみをマッサージしてあげることで、これらの神経を緩め、吐き気症状を楽にすることができます。

ただ、こめかみも強く押しすぎるといろいろな変調を来すことがありますから、あくまで優しくマッサージしてあげてくださいね。

【医師からのアドバイス】

これらのツボ押しによって、外出時でも比較的楽に、そして速やかに症状を和らげることができます。
つわりの時期はどうしても、心がふさぎがちになりますが、いざというときの対処法を知っているるだけで、心も少し軽くなりますね。