Doctors Me(ドクターズミー)- 漢方でよくなる? 「更年期障害」に効く漢方治療について教えて!

写真拡大

「更年期障害」とは、閉経の前後の時期に、精神的・身体的な症状を呈することを指します。 例えば、急にパニック発作を起こしたり、顔が紅潮(ホットフラッシュ)したり、身体のさまざまなところに痛みが出たり、不眠、鬱などの症状が知られています。これらの症状を引き起こす原因は、女性ホルモンの減少が大きく関係しています。

今回は漢方をはじめとする更年期障害の治療法について、医師に教えてもらいました。

さまざまな治療方法

更年期障害の治療には、以下のようにさまざまな方法があります。

・ホルモンを補充する
・不眠や不安に効果がある安定剤を内服する
・痛みがあれば痛み止めを飲む
・経験を元にどのような状況で症状が出やすいかを知り、その状況を避けるように心がける行動療法
・漢方による治療

漢方の効果と使い方

漢方は、西洋医学の薬のように直接何かの症状を和らげるというよりは、体質改善をして、状況に慣れていくという方法です。全身の血流やリンパ、気の流れを適切に調節して、ホルモンバランスの崩れからくる症状を全体的に改善することができます。

漢方は複数種類のものをうまく混ぜ合わせることで、複合的な効果を狙います。 例えば、更年期障害は身体の冷えと大きく関わっているため、全身の血流の流れをよくし、身体を温めるような漢方の調合が効果的です。具体的な組み合わせについては、その人の性格や体質、症状、月経の状況などによってさまざま考えられるので、医師に相談が必要です。

医師からのアドバイス

漢方をおすすめしていますが、西洋医学が発達した日本において、漢方はまだまだマイナーな治療のひとつであることは否定できません。

必ずしも病院や近隣の調剤薬局で漢方を処方しているとは限らないので、あらかじめホームページなどでチェックしてから受診してくださいね。