柳楽優弥

写真拡大

真利子哲也監督の新作映画『ディストラクション・ベイビーズ』が、2016年初夏に東京・テアトル新宿ほか全国で公開されることがわかった。

【もっと画像を見る】

大学在学中の2003年に発表した自主制作映画『極東のマンション』で国内外から注目を集め、その後は東京藝術大学大学院の修了制作として撮影された2009年の長編映画『イエローキッド』、早見あかり脱退前のももいろクローバーが出演した2011年の『NINIFUNI』などを発表してきた真利子監督。

同監督の商業デビュー作となる『ディストラクション・ベイビーズ』は、愛媛・松山西部の港町・三津浜を舞台に、海沿いの造船所に2人で暮らす芦原泰良と弟の将太の物語を通じて、若者たちの欲望と狂気を描いた青春映画。喧嘩を繰り返す主人公・泰良役を柳楽優弥が演じるほか、泰良に近づく若者・北原裕也役に菅田将暉、泰良と北原の危険な遊びに巻き込まれる少女・那奈役に小松菜奈、いなくなった泰良を探して松山の市街地に赴く弟・将太に村上虹郎がキャスティングされている。共同脚本には『桐島、部活やめるってよ』の喜安浩平が名を連ねている。なお、柳楽が劇中で発する言葉は5つほどだという。