デビュー戦で代表の雰囲気を感じた浅野拓磨「最低でも1点は取る」

写真拡大

 2日に行われたEAFF東アジアカップ2015の初戦で北朝鮮代表に敗れた日本代表は、一夜明けた3日に、武漢スポーツセンター隣のサブグラウンドでトレーニングを行った。

 練習後の取材に応じたFW浅野拓磨は「雰囲気っていうのは分かりましたし、でもなかなか自分のプレーはさせてもらえない空気感っていうのを感じた。実際、自分のプレーを全然出せなかったし、余裕を持てるような状況ではなかったので。でも1回それを経験したので、次は生かせると思います」と、代表デビュー戦となった前日の試合を振り、「この大会では最低でも1点は取りたいと思っていましたし、次の試合でチャンスがあれば絶対にゴールを取りたいと思います」と意気込んでいる。

 チームメートとのコミュニケーションについて問われると「周りの人も自分の特徴は分かってくれていると思いますし、そこでしっかりタイミングがあれば、いい崩しができると思います。コミュニケーションも普段の練習から声を掛けていますし。具体的にどうこうするという話はしていないですけど、今までも対戦相手としてやってきた中でお互いの良さは分かっていて、そこを考えながらプレーできればいいかなと思います」とコメント。

 そして、「(スペースに飛び出す動きが)自分の特長なんで、そこが出せなかったら良いプレーができないかなと思うので、どんどん狙ってやっていきたいなとは思いますね。自分は常にタイミングを見計らっているので、出し手の人とのコミュニケーションを取りながらやっていきたいと思います」と、今後について話した。

 日本代表は5日、初戦で中国代表を下した韓国代表と対戦する。