マジ痩せる!“忙しすぎ女子”でも毎日デキる「コンビニダイエット」

写真拡大

 仕事が忙しく、なかなかダイエットにいい食生活を送れず、毎晩立ち寄れるのはコンビニエンスストアくらいという人も多いだろう。

 昔からコンビニで売っている食品は、なにかと太りやすいというイメージがあるが、実は最近では、探せば良質な食品も多くなっている。

 そこで今回は、「マジ痩せる!」と評判の、コンビニでも手軽に買える「おすすめダイエット食品」を3つ紹介してみよう。

1:サラダチキン

 低カロリーで高タンパクのお肉といえば、鶏むね肉である。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートには、蒸し調理済みで、サラダなどに気軽に使える「サラダチキン」という惣菜がある。タンパク質を効率良く摂取するにはもってこいだ。少し味付きなので、そのまま食べてもおいしい。

2:ローソンのブランパン

 ダイエットフードとして定番のローソンのブランパン。糖質制限ブームから、近年、より低糖質に進化している。小麦の糖質の少ない部分だけを使用したブランパンはもともとダイエット食品として知られているが、気軽に手に入る点や、チーズ入りやチョコレート味などの様々な味で楽しめる点も、ローソンのブランパンが人気の理由のようだ。

3:しらすおにぎり

 各コンビニで扱っているしらすを使ったおにぎりもおすすめのダイエット食品だ。しらすとは、いわしの稚魚で、栄養分が豊富に含まれている。特にカルシウムが豊富でカロリーも低い。さらにご飯との相性がいいので、おにぎりとしても美味しいというメリットが。おにぎりだけでなく、しらす丼やサラダなど形を変えて食べることも。ぜひ目をつけておこう。

 意外と身近なところで手に入るダイエット食品。ぜひ利用してみてはいかがだろうか。