敗戦にも一定の手応え示すMF柴崎「攻め方自体は間違っていない」

写真拡大

 2日に行われたEAFF東アジアカップ2015の初戦で北朝鮮代表に敗れた日本代表は、一夜明けた3日に、武漢スポーツセンター隣のサブグラウンドでトレーニングを行った。

 前日の試合に途中出場したMF柴崎岳は練習後の取材で「運動量は少なかったと思いますし、相手の方が動けていたっていうのはあります。自分たちのコンディション的な側面もあるけど、やはり結果というのは出さなければいけない」と初戦を振り返っている。

 そして「もっともっと意思統一してできるところはあったと思うので、そこはやはり話をしなければならないですし、チームとして方向性を持たなければならないと思います」と、選手間のコミュニケーションや意思の疎通が大事だと話した。

 また、「裏のスぺースは空いていたと思いますし、得点の機会は何回もあったので、攻め方自体はそんなに間違ってるとは思わないです」と手応えを感じつつ、「そこの精度の部分は詰めていかなければならないですし、もちろんそれだけではいけないと思うので、しっかりとゲームメークをしなければならなかったですし、試合を通して自分たちの時間っていうのが少なかったんじゃないかと思います」とコメントしている。

 日本代表は5日、初戦で中国代表を下した韓国代表と対戦する。