ワンフェス2015夏:見て回るだけでも楽しいハイクオリティフィギュアの数々

写真拡大

2015年7月26日(日)に幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバルより。

ワンダーフェスティバルは、今でこそコスプレやステージライブなども併催する巨大複合イベントとなっていますが、元々はガレージキットの展示即売会がメインということで、会場のほとんどは様々なジャンルのキットを展示するブースで占められています。

プロ・アマチュア問わず非常に多くのディーラーが参加しており、ゲームや映画、アニメなどに登場したキャラクターやメカニックを見事に立体化した展示物が並びます。中には独特の世界観やコンセプトを感じさせるオリジナル作品も多く、人気を集めていた造形物の多くは製作者の高い技量を感じさせるものであり、買おうと思ったらすでに売り切れているということもしばしばありました。

膨大な数のキットが展示されていたので、そのすべてをじっくり眺める時間はありませんでしたが、本記事ではその一部をご紹介します。
『艦隊これくしょん』より左から愛宕、北方棲姫、大鯨

『ダークソウル2』より、深淵歩きアルトリウス(記事冒頭)と鐘のガーゴイル(下)

ウルトラ怪獣のゴモラ、レッドキング、ギャンゴと、ゴジラ

ブルース・リーのアクションフィギュア

『トランスフォーマー ロストエイジ』のガルバトロン(上)とオプティマスプライム(下)

『アーカムナイト』のバットマン

『TMNT』

『タイタンフォール』のストライダー

『魔法少女まどか☆マギカ』よりCharlotteのぬいぐるみ

クリーチャーや妖怪をモチーフにした個人制作のキットも完売表示が目立ちます。完成品を販売しているディーラーもありますが、組み立てや彩色は購入者自ら行うのが普通です

造形元となった動物をデフォルメするだけでなく、忠実な再現を目指した方向性のフィギュアもあります

フィギュアと一緒に使えるミニチュア小道具類を個人で用意しているディーラーもあります

中には自作のアクセサリーや食器類を展示しているブースも

バンブルビーにときめく来場者

60分待ちの人気ブースもありました

『マシーネンクリーガー』シリーズの完成品を販売していた中国のディーラー

古いプラモデルも山積み。中には会場特別価格との表示がある商品もあり、掘り出し物を探す来場者に人気の様子でした

3Dプリンタの造形デモ

超音波カッターの試用と購入ができたエコーテック株式会社ブース

商業的に量産されるフィギュアの世界ではPCのモデリングツールを使い出力するデジタル造形も拡大していますが、ワンフェスも3Dプリンタや新ツールなどテクノロジーの進展を反映しつつ、やはり造形作家それぞれのセンスと手仕事の生々しさに圧倒されます。

ワンダーフェスティバルは、海洋堂の主催で年2回開催。次回は2016年2月7日(日)、開場時間は10〜17時。入場料は2000円。