Facebook「レーザー搭載ドローン」が完成

写真拡大

フェイスブックは、レーザーと無線信号を組み合わせて上空から地上にインターネットを届けるドローンの最初の1機が完成したと発表した。レーザーは、10Gbpsでデータを伝達できるという。

「Facebook「レーザー搭載ドローン」が完成」の写真・リンク付きの記事はこちら

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは7月30日(米国時間)、レーザーと無線信号を組み合わせてソーラーパワーで地上にインターネット接続を届けるドローンの開発プロジェクトに大きな進展があったと発表した

「Internet.orgの取り組みの一環である航空機『Aquila』の、フルヴァージョンの最初の1機が完成したことを発表できてうれしく思っています」とザッカーバーグ氏は書いている。「Aquilaは、空から地上にインターネットを届けるソーラーパワーの無人機です。ボーイング737と同等の翼幅を持ちながら、重量は自動車より軽く、連続して何カ月も飛ぶことができます。また、レーザー通信技術のブレークスルーを達成し、10Gbpsでデータを伝達できる新しいレーザーのテストに成功しました。これまでのどのシステムよりも10倍以上高速な通信で、10マイル(16km)以上離れた10セント硬貨サイズの目標に正確に接続できるものです」

当然、この“10Gbps”は複数のユーザーが共有することになるが、これにより、たくさんの人がインターネットにつながるようになる。

フェイスブックによるこのネットワークは、グーグルの「Project Loon」(日本語版記事)と同じような運用になる。Project Loonの場合はドローンではなく気球だが、どちらのネットワークも、航空機がお互いに信号を送り合うことで接続範囲を拡大する。

フェイスブックのシステムでは、レーザーはドローン同士の通信に使い、ドローンは地上とは無線電波で通信することになる。ザッカーバーグ氏がFacebookに投稿した動画では、「地上ステーションは、母機となる航空機にインターネットの無線電波を送り、その航空機は、これを編隊のほかの航空機にレーザー技術を使って送る」と説明されている。そして、ドローンから地上へは無線信号で送信されるという。

フェイスブック航空チームの技術責任者、アンディ・コックスは動画の中で、Aquilaについて、「非常に軽量で、翼幅がとても大きい航空機であり、通常の旅客機より高い高度60,000フィート(約18km)を、最大で3カ月間、連続して飛ぶことができる」と説明している。

「今回の取り組みが重要なのは、世界の人口の10パーセントは既存のインターネットインフラがないところに住んでいるからです」とザッカーバーグ氏は書いている。

フェイスブックはすでに、モバイル通信事業者と共同で、低価格帯の携帯電話によって、ウェブの一部無料でアクセスできるようにする取り組みを行っている。

TAG

Arstechnica USDroneFacebookInternetConnection