『浅田真央 『Smile』〜氷上の妖精10年の軌跡〜』(ポニーキャニオン)

写真拡大

 ついに、最大のタブーに触れられた。

 現役続行を表明した女子フィギュア界のスター・浅田真央の父親・敏治氏が暴行容疑で逮捕されていたと、7月30日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じた。

 2011年12月に肝硬変で亡くなった母親・匡子さんとの家族愛は各所で語られる一方、父親についてはこれまで一切触れられてこなかった。

「父親が“ワケあり”なことは、フィギュア担当記者の間では広く知られた話で、一切触れてはいけないタブーでした」とはスポーツ紙記者。

 真央は14年2月のソチオリンピック終了後、約1年間の休養に入り、今年5月18日に現役続行を表明した。そんな中、同誌によると、復帰宣言直後の23日に敏治氏が交際相手の50代女性に暴力を働き、暴行容疑で逮捕されていたという。女性は病院に緊急搬送された。

 浅田家を知る人物は「敏治氏は若い頃は大阪のホストクラブでナンバー1だったそうで、30歳前に独立して複数の店舗を経営。97年には、そのうちのランジェリーパブをめぐり、公然わいせつ容疑での逮捕歴もあります。匡子さんとはホストと客の関係で、その後デキ婚しました」と話す。

 今回の事件のほかにも、敏治氏周辺ではかねてより“書けない話”が山積していた。

「名古屋市にある浅田家の周りを、街宣車が回っていたというのです。それも拡声器でわざわざ『浅田真央の父親』とアピールしながら。どうも敏治氏が金銭トラブルを起こし、ソッチの筋の方から脅されていたみたいですね。近隣住民からは『真央ちゃんがかわいそう……』と同情の声も上がっていました」(週刊誌デスク)

 その一方で父親は住宅ローンの返済を遅らせてまで、真央の“才能”に投資してきたという話もある。一連の事件が、復帰したばかりの真央に影響を及ぼさなければいいが……。