人工知能はどんな未来を夢みるのか:9/29、世界をリードするAI研究者が集う【「秋の特異点祭り」開催】

写真拡大

【9/29「WIRED A.I. 2015」開催決定!】
2045年、機械が人間を超える──。未来学者レイ・カーツワイルが「シンギュラリティ」と呼んだターニングポイントまで、あと30年。そのときぼくらは、どんな世界を生きることになるのか。人工知能を考え、人類の未来を考える、『WIRED』日本版初となる「人工知能」をテーマとした1dayカンファレンス「WIRED A.I. 2015」が開催決定。[2015.08.25:チケットは完売いたしました。たくさんのお申し込み、ありがとうございました。]

「人工知能はどんな未来を夢みるのか:9/29、世界をリードするAI研究者が集う【「秋の特異点祭り」開催】」の写真・リンク付きの記事はこちら

トランセンデンス』『her/世界でひとつの彼女』『イミテーション・ゲーム』『チャッピー』、『ターミネーター』や『アベンジャーズ』シリーズの新作、そして『Ex Machina』。昨年から続く“人工知能映画”の人気は、いまの社会の関心を映しているのだろう。

2045年に機械が人類の知能を超える。いわゆる「特異点(シンギュラリティ)」に人々が興味を示すのは、それがテクノロジーやコンピューターの話に留まらず、ぼくら人間のあり方にかかわってくる問題だからだ。

雇用、ビジネス、ライフスタイル、そして生きるということすらを根本から変えうる人工知能。テクノロジーの発展にともない、AIのある世界が、シンギュラリティがもはや避けられないものであるのなら、ぼくたちは、いかにして来るべき「AI社会」をよりよいものにすることができるのだろう。

9月29日開催の「WIRED A.I. 2015」は、国内外で人工知能研究をリードする科学者を招き、人工知能と人類の未来を考えるカンファレンスイヴェントだ。

2045年問題 コンピュータが人類を超える日』の著者であり、「シンギュラリティを語る会」を主宰する宇宙物理学者・松田卓也を筆頭に、全脳アーキテクチャの解明を目指すドワンゴ人工知能研究所所長・山川宏、産業技術総合研究所 人工知能研究センターの一杉裕志など、日本の人工知能研究を率いる頭脳が集結。

スーパーコンピューターの単位消費電力当たりの演算性能ランキング「Green500」で、今年1〜3位を独占したPEZY Computingの齊藤元章は、加速するスーパーコンピューター技術が2045年よりももっと前にもたらすかもしれない世界の変容を描き、脳の全細胞解析を研究する東京大学大学院教授の上田泰己は、生命科学の見地からAIのこれからを語る。

そして海外からは、複数の企業で人工知能関連の顧問を務め、AI技術を経済予測やバイオインフォマティクスに応用するAI界の世界的権威、ベン・ゲーツェルが来日。その未来について、世界最先端の知見を披露してくれるに違いない。

そのほか、ビジネスや行政の現場で人工知能技術の応用に挑むスピーカーも登壇予定だ。

シンギュラリティに最も近い彼らは、果たしてどんな未来を夢見ているのか。世界をリードするAI研究者たちとともに、人と機械と社会のこれからを考える「秋の特異点祭り」をお見逃しなく!

ワイアード A.I. 2015
TOKYOシンギュラリティ・サミット #1

お申し込みはこちらから

日時:2015年9月29日(火)
   13:00〜19:00(懇親会 19:00〜20:30)
会場:虎ノ門ヒルズ 森タワー5階
   「虎ノ門ヒルズフォーラム」メインホール
   東京都港区虎ノ門1丁目23番3号
受講料:一般 10,000円(税別)/学生 3,000円(税別)
定員:500名(一般 400名/学生 100名)
共催:『WIRED』日本版、経済産業省

※チケットは完売いたしました。お申し込みありがとうございました。

TAG

AIEventSingularityWIRED A.I.WIRED Conference