ビジュアルはなかなかかっこいい

写真拡大

アサヒ飲料は2015年7月21日、エナジードリンク「モンスター ウルトラ」を発売した。

本場米国では13年に発売され、大ヒットしている「白いモンスター」。モンスターシリーズの中では比較的飲みやすいようだが、これがモンスターファンの間で賛否両論のようだ。

味は「チューチューアイスの白」?「粉薬」!?

黒と緑の目を引くビジュアルがおなじみの「モンスターエナジー」の刺激的な味わいをそのままに、甘すぎないすっきりした味わいに仕上げた。独自のブレンド(ビタミンB群、アルギニン、アルニチン、高麗人参エキス)に100mLあたり40ミリグラムのカフェインを配合している。

疲れた現代人を中心に日本でも人気を博す「モンスター」の新商品ということで、手に取る人が続出しているようだ。

ツイッターを見てみると、

「白いモンスターいいね 普通のモンスターのクセのある甘さあんまり好きじゃなかったから」
「ふつーのモンスターよりめっちゃ美味しいし飲みやすい」
「1番飲みやすいなこれ!次からコレにお世話になろう」

など、飲みやすくて美味しいという声が多く上がる一方で、

「白いモンスターは刺激が足りなかった」
「モンスターみたいなクレイジーな味してない」
「身体に悪そうな要素が足りない」

と、その飲みやすさが物足りない、という意見も。

「甘すぎないすっきりした味わい」ということだが、「クッソ甘かった」「飲んだあとめっちゃ口の中に甘いの残る」と、「甘すぎる」と感じた人も少なくないようだ。

気になる具体的な味については、

「スポーツドリンクみたいな味」
「チューチューアイスのしろとかして炭酸加えた的な味」
「粉の風邪薬みたいな味して真顔になってる」

など、様々なたとえが書き込まれている。

希望小売価格は190円(税抜)。