右から4.2ミリのグリーン、5ミリのレッド、6ミリのブルー

写真拡大

トンボ鉛筆は、だれでも最適な持ち方と角度で使用できるよう、エルゴノミクス(人間工学)に基づいてデザインされた修正テープ「モノエルゴ(MONO ergo)」のクリアボディ製品3種を2015年8月5日に発売する。

サム(親指)マークで持ち方に悩まない

エルゴノミクスを専門とする金沢大学の柴田克之教授と共同開発し、13年に発売した修正テープで、クリアボディにデザインを一新して発売する。

透明度の高いスチロール樹脂を採用。テープ残量が一目でわかる。

手の中でふくらませたような人間工学形状はそのままで、手との接触面積を増やす曲面ボディにより安定してテープを引けるという。紙面とボディを最適な角度に保持するため、テープがしっかり紙に塗布され、すっきり切れる。

親指を置く位置を示す「サムマーク」がスムーズな使用を誘導する。内部の鮮やかなカラーも特徴的だ。

カラーはテープ幅別に3種類。4.2ミリはグリーン、5ミリはレッド、6ミリはブルー。すべて10メートル巻きになっている。

希望小売価格はいずれも324円(税込)。

詰め替え用カートリッジは194円(同)。