「コンビニなんてどこも一緒でしょ?」。そう思うあなたは人生でちょっぴり、いや、結構損しているかもしれない。今ドキのコンビニは各社個性を競い合い、商品もサービスもグンと進化しているからだ。コンビニジャーナリストの吉岡秀子さんはこう語る。

「日本のコンビニは、2000年頃まではパイオニアであるセブン-イレブンに他社が追随する形で発展してきました。その時代は終わり、各社が異なる道を模索し始めています」

 たしかに、それぞれがプライベートブランド(PB)を持っているし、コンビニごとにポイントカードの種類も違う。

「コンビニのPBの多くは、単身世帯の増加を反映して“1人ひとり”の満足を満たすパーソナルメニューというイメージのもとつくられています。いつもは家族に合わせていて買えないものを、コンビニで買う。それを夕飯のおかずにする。つまりスーパーのようにコンビニを使うこともできるんです。あるいは自分へのちょっとしたご褒美の買い物をして、コンビニを“特別空間”にするのもいいと思います」(吉岡さん)

 また、同じコンビニの商品なら全国各地で同じ味、というのは今や昔。最近では地域ごとに味が異なるだけでなく、形やネーミングまで違うものもある。たとえば、関東では三角形が当たり前のおにぎりも、関西では俵形、海苔は味付きというのが主流だ。

「各社とも7〜9地区に分けて商品を展開しています。その土地の人にとっては当たり前のものも、別の地域の人から見たら“限定品”です。旅行に出かけた時にコンビニに立ち寄ると、楽しいですよ」(吉岡さん)。

 ちなみに、セブン-イレブンの場合、関東では甘い『厚焼き玉子』が、関西では『だし巻き玉子』に。お弁当の中に入っている玉子焼きにも違いがあるのだとか。

※女性セブン2015年8月13日号