最終日苦しんだパッティングも課題のひとつ(Photo by David CannonGetty Images)

写真拡大

<全英リコー女子オープン 最終日◇2日◇トランプ・ターンベリー・リゾート(6,410ヤード・パー72)>
 1977年に樋口久子が達成して以来の日本人女子のメジャータイトル。「やっぱり意識はしないと。せっかく良い位置でいるので」偉業を間近に感じながら2ストローク差の単独4位から最終日をスタートした宮里美香だったが、1イーグル・2バーディ。5ボギーの“71”とスコアを1つ落としてフィニッシュ。トータル5アンダーの7位タイで4日間のリンクスでの戦いを終えた。
ハイライト、インタビューを毎日更新!全英リコー女子オープン動画
 最終組の1つ前でスーザン・ぺターセン(ノルウェー)と共にスタートした宮里は1番で幸先よくバーディを奪取。4番はボギーとするも、7番パー5でバーディを奪い返し1つスコアを伸ばして、サンデーバックナインでの戦いに入った。周囲の選手も伸ばしていたが「トップしか見ていなかった」とあきらめない。だが、その勝負どころで苦しんだ。
 3日間の戦いを支えたパッティングが思うように決まらない。「入らないときはありますよね。3日間ずっと入っていたのに、それが最終日に来てしまった。4日間それができれば最高だった」。11番でボギーを叩いた後の14番パー5では「マウンドを上って下り。スピンをかけて止められればと思っていたけど、うまくスライスして入ってくれた」と約20ヤードの3打目を直接放り込んでチップインイーグルとしたが、直後の15番、16番と連続ボギーでつかみかけた流れを終盤につなげることができなかった。
 戦い終えて「やりきりました。大崩れしなかったのは一つ、自分の中で収穫だと考えています」と途中から強風が吹きつける中でのプレーに及第点はつけた。しかし、リーダーボードの上位に並ぶ名前を見て、痛感するのは自身との差。「最終日にインビーやリディアもすごく伸ばしてましたし、3日目までにいいゴルフをしていても最終日に爆発的なスコアを出さないと、やっぱりこのツアーでは勝てない」。首位との7打差はそのまま世界と自分との距離をあらわしているようだった。
 それでも、苦しみを味わった去年から確実に階段を登っている自負はある。「久々にいいゴルフができたのは率直にうれしい。メジャーでこういう風にいい成績を残せたのは今後にもつながると思う。今年にかける思いが一層強かったのもあるし」。
 次戦は1週あいて「ポートランドクラシック」。2012年当時「セーフウェイクラシック」として開催されツアー初優勝を飾った思い入れのある大会だ。「開催コースが違うし、4日間大会にもなってますけど、今の状態をキープすれば、優勝争いもできると思う。しっかり気を引き締めてやりたい」。収穫と課題を胸に再び頂点へ挑む。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】7月29日は9ホールプレーの日 日本でもやってほしい?