日本代表先発デビューから史上最速弾…武藤雄樹「いつも狙ってる」

写真拡大

 EAFF東アジアカップ2015が2日に開幕し、日本代表は初戦で北朝鮮代表に1−2で敗れて、黒星発進となった。この日、フル出場したMF武藤雄樹が試合後に記者団の取材に応じている。

 同試合で先発出場し代表デビューを果たした武藤。開始わずか3分に、同じくデビューとなったDF遠藤航からのクロスに合わせて先制点を獲得した。武藤の開始3分での代表初ゴールは日本代表スタメンデビューからだと史上最速だった。しかし試合はその後、終盤に2失点を喫した日本が、1−2の逆転負けをしている。

 武藤は試合後、「思いのほか、緊張もしなかったですし、最初にゴールを決められたので、自分のなかではいいリズムにもっていけたと思います」と代表デビューを振り返ると、「ああやって最初に決めたことで、より余裕を持って落ち着いてプレーできました」と明かした。しかし、「それでも自分のなかではミスが増えた思いがあります」と課題を挙げると、「世界の戦いではひとつのミスでやられてしまうので、もっとレベルを上げないといけないと感じました」と代表での違いを実感し、成長を誓った。

 また、立ち上がりの代表初ゴールについては、「すごくいいクロスを(遠藤)航が上げてくれたので、しっかり決めることができてよかったと思います」と振り返り、「(浦和)レッズでもよく決めているようなゴールシーンだったですし、僕はいつもああいうのを狙っています」と自分の形が出せたとコメント。しかし、「チャンスは多かったですし、もうひとつ決めないといけなかったと思います」と、決定力不足を悔やむと、「勝利につながるゴールを決めたかったです」と語っている。

 日本代表は5日に、韓国代表と対戦する。