韓国戦へ切り替える川又「泥臭いプレーを増やさなくてはいけない」

写真拡大

 EAFF東アジアカップ2015が2日に開幕した。日本代表は朝鮮民主主義人民共和国代表との初戦を1−2で落とし、黒星発進となった。試合後、先発出場した名古屋グランパスのFW川又堅碁が記者団の取材に応じている。

 この試合ではFWの中央に入った川又。くさびのパスを受け、ワンタッチで簡単に落とすポストプレーを続けていたが、これについては「チームとしてそういう意識があった」とチームとしての意図があったことを明かした。一方で、「ワンタッチしなくていいところでワンタッチしてしまう部分もいろいろあったし、そのへんの自分の判断をもう少し2日間やけど修正したいですね」と、状況に応じて使い分けていかなくてはいけないと反省点を述べた。

 同時に北朝鮮ディフェンスの裏を狙っていたが、「思ったより体が動かなかった」と話すとおり、上手く抜け出すシーンは多くなかった。これには「ホントやったらもっと裏に抜けてるはずなんですけど、そのへんの部分が足りなかったかなと思います」と悔しさをにじませている。

 前半の立ち上がりには華麗なパスワークを見せる場面もあったが、「ところどころではありましたけど、そこで回りがラクになるような起点になるって部分ではまあ少なかったかなと」と、自身の出来には納得していない様子。

 まさかの初戦黒星発進となったが、今後に向けては「今日は負けちゃいけなかったんですけど、次に勝つしかないんで、切り替えます。もっと泥臭いプレーを増やさないといけないなと思います」と、持ち味でもある泥臭いプレーを増やすことで、結果につなげることを誓っている。

 日本は5日に韓国代表と、9日に中国代表と対戦する。