「ガッカリしている」初黒星のハリル監督、次戦はメンバー変更を明言

写真拡大

[8.2 東アジア杯 日本1-2北朝鮮 武漢]

 就任5戦目での初黒星はまさかの逆転負けだった。前半3分に先制しながら徐々に流れが相手に傾くと、後半21分から長身FWのパク・ヒョンイルを投入してきた北朝鮮の術中にまんまとハマった。

 後半33分、北朝鮮は自陣からのFKをDFシム・ヒョンジンが前線に放り込む。これをパク・ヒョンイルが頭で落とし、FWリ・ヒョクチョルが右足ボレーで蹴り込んだ。同43分には左クロスからパク・ヒョンイルがヘディングシュート。土壇場で2-1と逆転した。

「確かにガッカリしている。スタートは良かったと思う。得点を取るための機会もつくった。しかし、チームのフィジカル的な問題で、最後まで持ちこたえることができなかった。数人の選手がフィジカル的にきつい状態だった。交代で入ってきた北朝鮮の20番の選手(パク・ヒョンイル)が違いを見せつけたかなと思う」

 バヒド・ハリルホジッチ監督は試合をそう振り返り、選手のフィジカル面を敗因に挙げた。7月30日に中国・武漢入りし、練習期間はわずか2日。メンバー発表会見の席で「大会までに1週間ほどトレーニングする時間が欲しかった」と漏らした指揮官は「試合前には言い訳をする。しかし、試合のあとにそういう言い訳はしない」と話していたが、この日もやはり日程面に言及した。

「少し準備期間が欲しかった。日本のフットボールが(それについて)疑問を抱かないといけない。言い訳で言っているわけではない。3日前に(中国に)たどり着いて、(戦術練習は)1回のトレーニングしかしていない。相手は何週間かの準備期間があった。それが決定的な違いを生んでしまったと思う」

 国際Aマッチデーではない時期に開催される東アジア杯自体のあり方に疑問を投げかけるハリルホジッチ監督。Jリーグも含めた日程面の影響で強行軍を強いられ、満足いく準備ができなかったのは確かだ。しかし、0-0のスコアレスドローに終わった6月16日のW杯アジア2次予選・シンガポール戦に続いて公式戦2試合連続でアジア勢に勝てなかった現実は重い。

「非常にガッカリしている。残り2試合、何か違うことにトライしないといけない」。次戦は中2日で韓国戦が待っている。「次は何人かの選手を代えることになる。何人かの選手はすでにかなりの疲労があるので、おそらくプレーできない。大したことはできないが、他のプレイヤーにチャンスを与えるということだ」

 メンバーの入れ替えを明言したハリルホジッチ監督は「毎試合、このように(得点の)機会をたくさんつくりながら得点が入らない」と決定力不足を嘆き、「大会に入る前も疑問を投げかけたが、今日もその疑問を投げかけたい。残念ながら私のほうが正しいと思う。真実を見ないといけない。これが日本のフットボールの現状だと思う」と、大会をめぐる日程面や環境面への“恨み節”が続いた。

(取材・文 西山紘平)


●東アジア杯2015特集