日焼けした肌につきものなのが、イヤ〜な「シミ」です。できればシミになる前に、適切なケアで防ぎたいものですが、もし、シミができてしまったらどうしますか? 今回は、お肌のシミを内側から改善する栄養素に注目です。

お肌のシミはどうやってできる?

シミができる原因でいちばん大きいのは、紫外線によるものです。紫外線は、浴び過ぎると皮膚に悪影響を及ぼす有害なものです。そのため、紫外線を浴びた肌はメラニン色素を作ることで紫外線に対抗します。メラニン色素は、周りの肌に広がって紫外線を吸収しますが、強い紫外線を浴びるとメラニン色素が過剰に生成されてシミとして残ってしまいます。

シミはできてしまうと消えないの?

シミになってしまった肌の下にも新しい皮膚細胞はあるので、新陳代謝によって新しい皮膚細胞と入れ替わればシミは消えます。シミがなかなか消えないのは、加齢によって新陳代謝が遅くなっていること。さらに、夏は、シミになった肌にさらに紫外線が当たるので、なかなかシミが消えないということになるのです。シミを消すためのポイントは、とにかく新陳代謝を活発にすること。そして、シミになった部分を適切に保護することです。

できてしまったシミにはビタミンB1が効果的

夏のお肌にはビタミンCが必要と思っている方は多いと思います。確かに、ビタミンCにはメラニンの生成を阻害する働きがあるので、シミを防ぐために効果的です。では、できてしまったシミにはどう対処したらいいのでしょうか? 実は、ビタミンB1が効果的なのです。ビタミンB1にもビタミンCと同じように、メラニン色素を作り出す酵素の働きを阻害する作用があり、さらに活性酸素の除去や傷ついた細胞の修復を行う働きがあります。できてしまったシミへの対処には、ビタミンCだけでなく、ビタミンB1を摂取しましょう。

肌のターンオーバーを促進するLシステイン

Lシステインはアミノ酸の一種ですが、体の代謝を内側から助ける働きがあります。ビタミンCと共に、過剰なメラニンを無色化し、肌の代謝を正常化することで、角質に沈着したメラニンを排出するのもLシステインの働き。美白化粧品には必ずと言っていいほど含まれているLシステインは、食べ物から摂ることもできます。豚肉、卵、ニンニク、タマネギ、ブロッコリーなどがLシステインを多く含む食品です。日焼けによるシミが気になる時は、これらの食品を多めに食べてみてはいかがでしょうか。


writer:岩田かほり