日本代表、W杯予選シンガポール戦・バックヤードレポート(その2)

写真拡大

こんにちは、駒場野です。

今さらながらのシンガポール戦レポート、長くなったので、後半戦の「その2」に分けました(「その1」はこちら)。

ターニングポイント

シュタンゲ監督が拍手で送り出されてからしばらくして、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が登場すると、記者会見の雰囲気は一変しました。

FIFAランキングで大きく下回るシンガポール相手にスコアレスでの引き分けは、大方の報道陣にとっても予想外でした。いや、ハーフタイムで私が気付いたように、「ジャラン・ベサールの激闘」が脳裏に浮かびながらも、敢えて口にしなかったのかもしれませんが。

View image | gettyimages.com

しかし、ハリルホジッチ監督は就任会見と同じように、そして熱気に満ちた言葉でこの試合を振り返ります。

スポーツナビ ハリルホジッチ「非難するなら私」
W杯アジア予選 シンガポール戦後会見
http://sports.yahoo.co.jp/sports/soccer/japan/2015/columndtl/201506160005-spnavi

「19回もチャンスがあったのに決められない試合なんて、私のサッカー人生の中で初めて見た」「槙野が2メートルの所から外してなければ(70分のシュート?)勝っていた」と繰り返しながら、「それでも、こういう試合はカウンターから1点を取られて負ける事が良くあるが、それを防いで勝ち点1を取れたのはとても良かった」とこの試合を前向きに評価しています。

そして、「結果には失望している」が「選手達は全てを出し切った」「非難する言葉は見つからない」と自分のチームを称える言葉を樋渡群通訳と共に激しく伝えた所で、「次が最後の質問になります」と当てられた人が、こう切り出しました。

「一つお願いしたいのですが、最後ではなく、あるだけ質問を受けて下さい。今日は大事な試合だったのです。もちろん監督が良ければの話ですが」

通訳を介してこれを聞いた監督は大きくうなずき、さらにこの記者会見は続く事になりました。

伺った方の名前を書いて良いのかと思いましたが、スポーツナビでは出てましたね。はい、賀川浩を別格にすれば後藤健生と並ぶフリーランスの二大巨頭、大住良之です。

3ヶ月前、ハリルホジッチ新監督を迎えた記者達の眼は、前年からの混乱がスムーズに収束した安心と、アジアカップ敗退からの再建への期待で、非常に温かい物でした。しかし、今回のシンガポール戦に先立つ11日のイラク戦を前にした代表合宿で、監督からの要請として選手への厳しい取材制限がかかった事は、この好意的な雰囲気を一変させたようです。その内容については、これが決められた8日の話し合いの様子と共に、こちらで記事が出ています。

ライブドアニュース 「ハリルホジッチ監督「塩対応」の真意を考察」
http://news.livedoor.com/article/detail/10209926/

「解説者」として技術論や戦術分析を中心に話す元トップ選手や監督経験者は別として、一般の新聞記者やテレビ局のディレクター・アナウンサーは、選手の努力やそれを支える人々に注目した「人間ドラマ」を伝える例が多いです。

このQolyのように、フットボールをカルチャーとして考えていく媒体は、徐々に増えつつありますが、まだまだ少数派です。

そんなスポーツ記者にとって一番大切なのは、代表選手、特にスタープレーヤーとの信頼関係の維持。選手にとっても自分の思いをファンに正しく伝えてくれる「気を許せる仲間」がメディアにいる事は、特に大きな試合の前では重要でしょう。特定の選手にそこまで深入りしない一般紙の記者も、まずは選手の話をベースに戦術などを探り、他紙記者との情報交換もして、スタメンや試合展開の予想を作っていきます。

それが監督の一声で遮断され、「ネタ」を奪われれば、仕事になりません。多くの日は練習内容が非公開、選手の話も聞けないのでは、盛り上げようがないのです。

その不満を半ば代弁したのが、大住のあの制止だったのでしょう。私が言うのもおこがましいですが(Qolyで記者の先輩方の話を書くのはいつもビクビクです(苦笑))、それは40年以上の経験に裏付けられた大局的な取材を続ける彼だからできた話のはずです。

その意味でも、このシンガポール戦は、監督とメディアとの関係も含めての「ターニングポイント」になりました。

プロフェッショナル対「プロフェッショナル」

そんな訳でアディショナルタイムに入った記者会見ですが、4人目で登場したのは、夕刊フジの久保武司。

「ジーコさんもオシムさんもザッケローニさんも、引いて来るアジアの国相手に苦戦していました。ハリルさん、これに対するマジックや引き出しといった対策はもうされていますか?」

これに対して、この経験豊富な指揮官は、当然のように答えます。

「フットボールの中にマジックはありません。強いて言うと、得点を取るために日々のトレーニングを積むだけです。いろいろな事を向上させて。ただ、今夜の試合でもチャンスはあったし、選手は得点を取ろうという気力はありました……」

そして、イタリアならPKをもらう場面が3つはあったと指摘しながら、勝てなかった時は自分を責めてくれ、勝った時は選手をほめてくれという、他と変わらない熱弁で締めました。

しかし、次の質問にも引き続き熱弁を振るい、30分近くにまでなったこの記者会見を終えて退出しようとした時、出口で声がけをして引き止めたのが久保記者。この時は簡単な会話で、お互いに笑顔で別れていたのですが……。

Qolyをご覧の方は大半が熱心なサッカーファンですから、ハリルホジッチの答えにある程度納得し、久保のやり方には「違和感」を覚えるでしょう。

ただ、私はこの時、それとはちょっと違った眼で見ていました。

皆さんは「LIFE」というテレビ番組をご存知でしょうか。NHK総合テレビで木曜の夜にやっているコントです。

「LIFE 人生に捧げるコント」番組公式サイト
http://www.nhk.or.jp/life/index.html

その中の人気シリーズが、タレント取材のコントです。映画発表や結婚会見などのお祝い事にココリコの田中直樹が演じる「週刊ゲスニックマガジンの西条」が乱入し、強い偏見や毒気でタレントの本音やソロバン勘定を暴こうとします。余りにも失礼な質問ばかりなので追い出されるのですが、それでも最後まで粘り、「普通の芸能記者」(ドランクドラゴンの塚地武雅)がその突撃精神をしみじみと評価してオチ。最新のこのシリーズでは「彼こそが、ジャーナリズム界のリオネル・メッシなのかもしれない」でした(笑)。

他の夕刊紙同様、夕刊フジは駅の売店で中高年の男性サラリーマンにどれだけ売れるかが勝負です。最近はJリーグも観客の高年齢化が言われますが、顧客の中心は恐らくそれより上、サッカーへのなじみは薄い人達でしょう。もし残っていれば、サッカーファンの多くは「エルゴラッソ」の方が手に取りやすいでしょうし。

それでも代表戦を書かないといけない、本田と長友しか知らないようなオジサン達にも読ませないといけない。そう考えた時、一番分かりやすいたとえは、この「マジック」という言葉だったのでしょう。「三原マジック」や「仰木マジック」など、プロ野球ファンには劣勢を跳ね返す「奇跡」だとすぐ分かるワードです。

もちろん、野球とサッカーを同じベースで語るのには無理があります。

野球は一球ごとに監督が細かい作戦にまで介入でき、同時に投手をはじめとした個々の選手の力量に関わる部分が多いスポーツです。

(追記:なので、この後に続く話の情報源のお一人は、「だから野球でtotoをやるのは無理なんだよ、投手だけで試合の勝敗は左右できるんだから」と強調されてました。はい、「俺の意見を書いても良いけど、それならこれも入れてくれ」と頼まれました(笑)。)

サッカーも「個の力」の向上は長年の課題ですが、基本的には守備も攻撃も複数の選手の連携で作っていきます。もちろん、練習効率を上げるために指導者は工夫しますが(オシム監督の「7色のビブス」とか)、それでも基本的にはハリルホジッチ監督が念押ししたように「毎日の地道な積み上げ」しかないのです。

しかし、プロフェッショナルの指導者として誠実に答えたハリルホジッチに対し、何とか自分の読者に受けそうな言葉を引き出そうとした久保も、自分のスタイルを貫きました。もちろん、それはQolyの読者とは違う方向のはずですが、彼もまた、あの西条のように「プロフェッショナル」に徹している記者なのです。

そして、シンガポール戦についての夕刊フジの記事はこちらです。詳細な試合分析は、横浜Mや仙台で監督をした清水秀彦に任せていますね。

無策ハリル監督 154位相手にシュート23の0点 埼スタ大ブーイング(久保武司)
http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20150618/soc1506180830003-n1.htm

“日本にはベタ引きが通用する” 本田、香川では無理(清水秀彦)
http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20150618/soc1506181550001-n1.htm

監督から少し遅れて取材陣が会見場から引き上げる際、「監督とのやりとりはとても面白かったです、ネタに使わせてもらって良いですか?」と聞いた私に、久保は後ろ向きのままで「いーよー」と軽く右手を振って応えました。なので、これは誰への気兼ねもなく、書かせていただきます(笑)。

そうは言ってもまだ初戦

そんなわけで、イラク戦のあまりの快勝ぶりに期待を持っていた多くの報道陣は肩すかし、それでも日本が相手だとドン引きになるアジア予選は難しいと思っていた一部の記者は納得の表情、そしてハリルホジッチ監督には少々興奮と混乱が見られたこのシンガポール戦でした。

ただ、圧倒的に攻め込みながら点が取れない日本代表を応援しながらも、記者席の雰囲気はどことなく穏やか。これはスコアレスドローで試合が終わっても、あまり変わらなかったのです。

View image | gettyimages.com

私がFIFA.comの仕事を請け負った初めてのW杯予選の試合は、南アフリカを目指す2008年2月6日のタイ戦。周りを見渡す余裕はあまり無かったのですが、オシムの病気辞任で再登場した岡田武史監督が4-1と無難に勝って一安心でした。

それがブラジル大会予選の初戦では一変します。2011年9月2日、残暑が厳しい埼玉スタジアムに登場したのは北朝鮮代表(サッカー協会的には「朝鮮民主主義人民共和国」か「DPRコリア」)。いつもの「ほぼ100%がブルー」の雰囲気は、赤いシャツを着たアウェー側が演奏するブラスバンドの音で崩れていきます。何より、南アフリカ大会に出場チーム同士がいきなり激突、「完全敵地」の平壌での勝利はさらに難しく(実際に負けました)、しかも同組に難敵ウズベキスタンもいるので、「2位以内」の条件では引き分けすら厳しいという、強烈な緊迫感がスタジアムに充満していました。

なので、後半アディショナルタイムでの決勝点では大騒ぎになりましたし、終わった後はメディア席のあちこちで安堵の握手が交わされていました。私も手の震えを止めながらFIFA.comにメールを送ったのですが……後でサイトにアクセスしたら、これですよ(苦笑)。

「YOSHIDA」が「YASUDA」になった裏側? RSSSFメンバーインタビュー
http://qoly.jp/2012/10/25/12783-rsssf-interview

それに比べると、シンガポールが全8試合を終えて日本より上に行くと想像した記者はあまりいなかったでしょう。それは「5年後」の話をしたベルント・シュタンゲ監督も同じのはずです。最終的にシリアに勝てば1位は取れる、万が一2位になっても、あの攻撃力なら「8チーム中で成績の良い4チーム」には入れるだろう……というのが、ほぼ共通の見方でした。

そうなると、マスメディアの記者は「編集デスクとの戦い」が待っています。新聞では他のスポーツと紙面を取り合い、多くの民放テレビでは、特に平日は「スポーツコーナー」が一般ニュースの枠内にあるので、盛り上がる状況でないと扱いが悪くなります。

実際、ウズベキスタンで南アフリカW杯出場を決めた後のホーム最終戦、2009年6月10日のカタール戦(横浜国際)では、それまでと比較しても記者の数は少ない印象でした。私自身の記憶も、長沼健元会長の訃報、前試合の退席で「大木ジャパン」をベンチ外から見た岡田監督の冷えた記者会見、1-1の引き分けで本大会への道が絶たれたカタールのブルーノ・メツ監督の清々しさと、ピッチの外の話の方がすぐに出てきます。

なので、破竹の連勝であっさり予選突破を決めるばかりでなく、少し延びてもいいかな?ぐらいの空気は、この日にはありました。もちろんそれは単なるソロバン勘定だけではなく、「これでハリルホジッチ監督もアジアを勝ち抜く難しさが分かっただろう、最終予選の大一番で取りこぼすよりは良かった」という前向きな捉え方もあったのは、多くの皆さんの名誉のために書いておきます。

ただ。

そう思い通りに行かないのが、サッカーなんですけどね……。

本当の「ホーム」であるために

そして、こんな長くて遅いコラムの最後ですが、残念な話を一つ書かせて下さい。

試合終了直後から、埼玉スタジアムには激しい雨が降り「続いた」ようです。カギカッコの意味は、シンガポール側の記念撮影と、日本代表への強烈なブーイングを背にしながら、私は他の記者達より少し遅れて両監督の記者会見場に向かったので、照明ではっきり分かる雨筋を見ただけだったからです。それから両監督の記者会見が終わり、公式記録をいただいてからスタジアムを出た22時50分には、傘を差さなくとも良い程度しか降っていませんでした。

この雨が非常に強かったのは、その後のいろいろな状況で分かりました。普段の試合ならさすがに閑散とする23時台でも、浦和美園駅には多くの観戦客が改札を通るために長い行列を作っていましたし、撤収作業をするスタッフや警備員の皆さんも「とにかくすごい雨だったんですよ」「お客さんはみんなずぶ濡れになってしまってかわいそうでした」と教えてくれました。

この日のアメダスデータを見ると、さいたま市(浦和)の観測点では全く降らなかったのに、スタジアムの北側になる久喜では20時までに23ミリ、21時までに48ミリの激しい雨が降っていました。その一部が南下したのでしょう。確かに仕事をしていたのですが、それを実感せずに帰っている私がこれを書いて良いのか、迷いました。

しかし、それでも、道端に散乱する青い旗の残骸は無残なものでした。暗い中でも、駅までの道中で数百本は見ました。

このシンガポール戦コラムの最初、「その1」の冒頭に入れた写真には、この日の来場者全員に日本サッカー協会が配った青い小籏と、記者控室に置いてあるフリードリンクのペットボトルを入れました。籏には3次予選の全試合日程が書き込まれ、この後の試合でも使える、あるいは観戦の記念にもなるグッズです。

快勝スタートのはずが引き分けた試合結果への落胆はあるでしょう。30分以上もの道のりで豪雨に降られてどうにもならない人もいたはずです。

しかし捨てるのなら、ビニール袋に入れて持ち帰るか、せめてスタジアムの指定場所に集めて欲しかったです。特に敷地外は運営責任者の手が届かず、地元の住民の皆さんが毎日使う生活道路の一部が汚されたままになってしまうからです。

日本代表vsシンガポール代表

改めて、この日に配られた「SAMURAIBLUE」の小籏を。下は試合中に飲みきれなかったキリン提供のフリードリンク。

その不満を持ちながら着いた浦和美園駅で待っていたのは、改札口へ上がる階段の1段目が、脱ぎ捨てた雨合羽やビニール袋などで半分以上埋まっている「ゴミだまり」でした。

日本代表が海外で試合をすると、サポーター達がスタンドのゴミ拾いをする姿が現地のメディアから称賛されるのは、近年の定番でした。このQolyでも、関連するいくつかの記事が紹介されています。

『W杯で世界から賞賛された日本サポーターのスタジアムでのゴミ拾いを現地ブラジルクラブがマネする』
http://qoly.jp/2014/09/15/atletico-pr-supporter-adopt-japanese-fans-clean-up-stadium

『W杯で称賛された日本代表サポーターの「ゴミ拾い」、地元に根付いていた!』
http://qoly.jp/2015/05/19/internacional-supporter-adopt-japanese-fans-clean-up-stadium

しかし、「一部の入場者」は、そんな基本マナーすら無視したようです。その結果が、あの惨状。

相手が「厳しすぎるほどの国家統制で非常にクリーンな社会」を作っているシンガポールだったことも含めて、この日最大の敗北感をここで覚えました。

ロシアを目指す日本のホームゲームは2次予選であと3試合、3次予選は5試合あります。

好成績は当然ですし、それはハリルホジッチ監督や選手たちに任せるだけですが、スタジアムに集まるサポーターも、テレビなどで応援する皆さんも、胸を張って「世界の一員」として、2018年に出場してもらいたいと願っていますし、私がそのお役に立てればとも考えています。

お知らせ

最後に、ちょっとだけお知らせ。

今までフリーランスとして活動をしてきましたが、4月に正式な届け出をして、「たちばな科学文化研究所」(TISCUL)の所長(笑)として活動することになりました。

「たちばな科学文化研究所」-Facebookページ
https://www.facebook.com/tiscul2015

同 ツイッターアカウント
https://twitter.com/tiscul2015

サッカーではこのQolyやFIFA.comをベースにしていますが、それ以外の社会・歴史・政治・交通、それにサッカー以外のスポーツ種目など、様々な分野での「調べて書く」仕事を積み上げていきます。もちろん、そこで得た知識をアレンジしてQolyでもお伝えし、また違った見方でサッカーを楽しめるお手伝いができればとも願っています。

そして、次回はいよいよ新国立競技場……と腹を決めていたら、RSSSFの流れで面白い「お願い」が回ってきました。

このQolyで紹介させていただく事も了解を取ったので、次回はこれにします。どうかお楽しみに!