8月1日、東アジアカップが中国の武漢で開幕した。来年2月29日から大阪で開催されるリオデジャネイロオリンピック予選で、出場権を争うであろう4チーム(日本、北朝鮮、韓国、中国)が揃うとあって、互いに戦力状況を伺う貴重な対戦ばかりだ。

 日本は指揮官自ら"チャレンジなでしこ"を銘打った。リオ五輪につながる戦力を見越して、"なでしこジャパン"の主力の招集は見送り、枠を争うであろうメンバーを集めた。

 今大会の優勝を考えれば、ディフェンディングチャンピオンである北朝鮮との初戦はいきなりの山場。菅澤優衣香(ジェフ千葉)と有町紗央里(ベガルタ仙台)の2トップ、サイドハーフには、左に杉田亜未(伊賀FC)、右に増矢理花(INAC神戸)、ボランチには川村優理(ベガルタ仙台)と上尾野辺めぐみ(アルビレックス新潟)、最終ラインには左から高良亮子(ベガルタ仙台)、高畑志帆(浦和レッズL)、北原佳奈(アルビレックス新潟)、京川舞(INAC神戸)の4枚、そしてGKに山根恵里奈(ジェフ千葉)というフレッシュなスタメンが仕上がった。

 北朝鮮のスピードある攻撃に面喰った感のある立ち上がりを耐えていた22分、北朝鮮にカウンターを浴びる。必死に戻る京川が体を投げ出し、相手ごと止めるがホイッスルが鳴り響く。すでにボールを持ったラ・ウンシムはゴールエリア内に足を踏み入れていた。PKの大ピンチを救ったのは山根。落ち着いてキッカーの動きを読み切った。しかし、安堵も束の間。36分に、FKをするりと裏へ抜けたリ・イェキョンに決められて失点を喫する。

 なんとか流れを変えたい日本は、後半開始とともにポジションを変更。前半途中から変更されていた上尾野辺の位置を左サイドバックに再び移動、京川を左サイドハーフ、右のサイドバックへ高良を動かした。

 その直後、上尾野辺のFKからニアで菅澤がつぶれ役となり、増矢が同点ゴールを生む。試合が一気に動き始めたのは60分を過ぎたあたりから。66分にカウンターから再びリ・イェキョンに勝ち越しを許すと、今度はその4分後に杉田がミドルシュートを鮮やかに決めて再び試合を振り出しに戻した。

 体を投げ出し、懸命なプレスをかけ続ける日本だったが、スタミナに陰りが見え始めた終盤、北朝鮮が試合を決めた。攻撃の中心に居座るラ・ウンシムが効果的なカウンターで立て続けにゴールを奪い、北朝鮮が2−4で勝利を奪っていった。

 健闘と課題が入り交ざった初戦だった。ラスト10分までの流れは健闘に値する。北朝鮮のメンバーは昨年の10月、アジア大会決勝で、ヨーロッパ勢が不在の布陣であったとはいえ、日本を下したメンバーが9人も名を連ねていた。カナダワールドカップこそ、ドーピング違反で出場できなかったものの、アジアの主要大会では結果を残し続けてきた北朝鮮を相手に、二度追いつく粘りを見せたのは十分に評価できる。が、いかんせん7月27日に集まったばかりの即席チーム。A代表レベルでの国際経験の少ない選手たちだけに、攻守においての連係が望めない中で、頼りになるのは個レベルでのつながりだ。

 攻撃では2手止まり、上手く流れてまれに3手、という限られたコンビネーションで切り崩さなければならない。それでも、攻撃ではセットプレイを含め、特に左サイドを中心に形を作ることができた。しかし、守備においては経験・連係不足が露呈した結果となった。勝敗を分けたのは、選手が口々にした"勝負どころ"での失速だった。

 個の部分では、球際レベルでの判断の遅さが結果としてピンチにつながっていた。北朝鮮のカウンターは最もケアしなければならない攻撃でありながら、結局はそれにやられた試合だった。映像で見るのと、実際のピッチで経験する北朝鮮は違った、ということだ。それは随所で見て取れた。

 攻撃では相手の厳しいマークを受けながらのファーストタッチや、ゴールを呼び起こすラストパスの精度が、国内では通用しても、国際大会となればその精度はより高いものでなければ成功しない。守備は、効果的な手段に出るタイミングが全体的に遅かったため、人数は足り、体を投げ出していながらもカウンターを決められてしまった。

 よりわかりやすいのはPKを与えてしまった京川のプレイだ。この1プレイはチームを象徴していた。今後に生かすための貴重な要素がふんだんに盛り込まれている。ラ・ウンシムにフィードさせないプレスのかけ方、それについた京川のスライディングまでの時間とタイミングと位置。このプレイでは、たまたま京川が対象になっただけで、どの選手にも当てはまることで、京川の運動能力があったからこそ、その際どいタイミングまで相手を追い込めたともいえる。攻守に関わるサイドバックの難しさがここにあり、このプレイで京川は未知なる可能性と、ステップアップのために有効な課題を手にしたことになる。この北朝鮮戦を的確に糧にできた選手が、"チャレンジ"という枕詞を払拭できる選手へと成長していくことになるだろう。

 そして、そんな経験を得ていこうとする若いチームの牽引を任された川村も奮闘していたひとりだ。人生初となるキャプテンマークは、先輩選手の背中を追うだけで必死だった川村を大きく変えた。

「自分が声を出し続けないとチームの雰囲気が下がってしまうし、プレーでも見せなきゃいけない。いつも以上に周りに目を配らなければいけない」とは川村。

「キツイです」としながらも、失点の際には、一際大きく声を張り上げて鼓舞する姿はすっかり板についた"なでしこのキャプテン"だった。

 第2戦は中国を下した韓国との戦い。次にお目見えする"チャレンジなでしこ"はまた異なる特長を持つチームだろう。韓国戦を控える選手たちにとっても、よき指標となる初戦になった。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko