暑い夏の過ごし方が、秋の体調に影響を与えるって知っていましたか? 暑いからと言って冷たいものをたくさん食べたり、クーラーの効きすぎた部屋にいると、夏の疲れを引きずったまま“秋バテ”に突入。そろそろ、秋を迎える体の準備を始めませんか?

“秋バテ”って何? “秋バテ”になる2つの原因

秋になって涼しくなったのに、夏と同じだるさや疲労感が続くことがあります。これがいわゆる秋バテですが、秋バテを引き起こす原因には2つあります。

1. 気温が急激に下がり天候が変わりやすい

暑い夏から気温が急速に下がることと、秋特有の変わりやすい天気で気温差が起こりやすいことが、自律神経の不調を招きます。秋の気温に体が適応できないことに加え、台風などによる気圧の変化も激しいので、体調を崩しやすくなります。

2. 夏の生活習慣を続けてしまうこと

すでに季節は秋になっているのに、夏の生活習慣を続けてしまうことも秋バテの原因となります。冷たいものをたくさん飲んだり、薄着のまま外出したりということを続けると体が冷えてしまうためです。お風呂に浸からずシャワーで済ましてしまっているという人も要注意。体の冷えを取ることができず、秋バテとなってしまいます。

まだまだ暑いけど……そろそろ秋バテ対策を!

すみやかに秋の気候の変化に対応するためには、今のうちに夏バテを解消するとともに、夏の生活習慣を見直しましょう。暑いからと言ってクーラーの効いた部屋にばかりいると、自律神経が乱れてしまいます。クーラーの設定温度を、少しずつ上げて外気温との差を少なくしていきましょう。夏の間、冷たいものを食べたり飲んだりすることが多かったという方は、この時期から少しずつ減らしていきましょう。体の冷えは夏バテの原因となりますが、夏バテを引きずったまま秋バテになってしまわないように、体を温めることを考えましょう。体を温める効果のある生姜などを食べるようにしてもいいですよ!

秋バテにならないためには、今のうちから夏バテを解消しておくことも大切です。しっかり睡眠を取って、疲れを取り体力を回復しておくことで、秋の気候の変化にも対応できるようになります。


writer:岩田かほり