代表デビューに意気込む初選出の武藤雄樹「思い切って積極的に」

写真拡大

 日本代表は1日、EAFF東アジアカップ2015の初戦である北朝鮮代表との対戦に向けて、前日練習を行った。

 代表初招集となった浦和レッズのMF武藤雄樹は、「先発かどうかはわからないけど、準備はしたいし、出たとしたらデビューなので、思い切って積極的にやりたいと思います」と初戦に向けて意気込みをコメント。

 また、「最初のミーティングで個人的にゴールが足りないと言われ、前の選手はもっとゴールを取らないといけないという話をもらった」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督の言葉を明かすと、「そういうところを表現できればいいですね」と代表初ゴールへの意欲を語った。

 練習では慣れないトップ下も務めた武藤は、「今日一応初めてだし、難しいところがあったけど、代表というのはそういうなかでも結果を出していかないといけない」と代表定着には適応が必要だと主張。「周りはレベルが高いので明日はしっかり合わせられたらいいと思います」と意欲を見せると、「シャドーもトップ下に近いものがあるのでそこまで困ることはないと思います」と自信も伺わせている。