今や日本人の2人に1人が、がんになるといわれています。自分には関係ないと思っていたのに、健康診断でがんの診断を受けるという可能性も。食生活が要因となることが多いのでがん予防に効果のある食べものを知っておきたいですね。そんなときに参考になるのが「デザイナーフーズピラミッド」です。

デザイナーフーズピラミッドとは?

デザイナーフーズピラミッドは、1990年にアメリカの国立がん研究所が、長年の研究データに基づいて作ったものです。がんの発生を防ぐ効能の高い食品40種類を選んでピラミッドの形に並べており、頂点に近いほど効能が高い食品になっています。

デザイナーフーズの頂点にある食べ物

ピラミッドに含まれる食品を食べると免疫力がアップして、がんなど生活習慣病の予防になるといわれます。ピラミッドの頂点位置する食品は特に抗酸化力が強い成分です。その食品と成分は、以下の通りです。

にんにく:アリシン、ジアリルジスルフィド、スコルジニン、ゲルマニウムキャベツ:ビタミンC、カロテン甘草:フラボノイド(グリチルリチン、リクイチリン、リクイリチゲニンなど)大豆:イソフラボン、サポニン(セリ科植物)しょうが:ショウガオールやジンゲオールにんじん:βカロテンセロリ:ビタミンC、ビタミンEパース二ップ:ビタミンC、ビタミンEピラミッドの2層、3層の構成食品は?

ピラミッドは頂点の1層目、2層目、3層目で構成されます。

2層目に含まれる食品

たまねぎ、茶、ターメリック、全粒小麦、亜麻、玄米、(かんきつ類:オレンジ、レモン、グレープフルーツ)ナス科(トマト、なす、ピーマン)、アブラナ科植物(芽キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー)

3層目に含まれる食品

マスクメロン、バジル、タラゴン、エンパケ(からす麦)、ハッカ、オレガノ、きゅうり、タイム、あさつき、ローズマリー、セージ、じゃがいも、大麦、ベリー

ピラミッドの食品を食生活に取り入れるように心がけて、がんなど生活習慣病のリスクを少しでも軽減したいですね。


writer:松尾真佐代