イベントの模様

写真拡大

 マキシマム ザ ホルモンが、7月31日に新宿駅ステーションスクエアにて新音源「アバラ・ボブ‐アバラ・カプセル・マーケッボブ‐」を初披露した。

 同曲は、2015年夏頃発売予定の映像作品『Deka Vs Deka』に同梱される、アルバム新録版『耳噛じる』に収録される曲である。リアレンジはAA=/THE MAD CAPSULE MARKETSの上田剛士が手がけており、曲名の副題である「‐アバラ・カプセル・マーケッボブ‐」は、THE MAD CAPSULE MARKETSのバンド名をもとにしていると、マキシマムザ亮君は語っていた。上田が手がけた「アバラ・ボブ‐アバラ・カプセル・マーケッボブ‐」は、ミクスチャーロック、デジタルロックに生まれ変わった曲に仕上がっており、曲の終盤には「アバラ・ボブ」にはなかったかけ声や、ナヲのパートも新たに加わっている。

  同イベント『Monster Energy Ultra Unleashed』は、『MONSTER ENERGY』の新商品『MONSTER ENERGY ULTRA』発売記念イベントとして、新宿駅ステーションスクエアにて7月31日から8月2日までの3日間にわたり開催される。スペースシャワーTV『モンスターロック』の公開収録イベントとして行われ、普段はダイスケはん、ナヲの2人が番組のVJをつとめるが、当日はマキシマムザ亮君、上ちゃんを含めたメンバー全員で行われた。

 およそ1時間半の公開収録の中では、「ホルモンからの挑戦」として、炎天下の中でホルモンの楽曲「爪爪爪」に合わせて、ファンにステージ上でヘドバン競争をさせるなど、様々な企画が行わた。「ホルモンからの挑戦」に勝利した腹ペコ(ファンの呼称)には、レアなホルモングッズが詰まったホルモン福袋や、メンバーサイン入りの『MONSTER ENERGY』冷蔵庫など豪華な賞品がプレゼントされた。

 最後の挑戦となった「大声エナジー」では、集まった腹ペコ全員で大声を出し、独自のカウンター“100エナジー”を目指すというものであったが、「オマーン国」「レマン湖」「ウルトラマンコーヒー」というきわどいワードを新宿のど真ん中で叫び、“100エナジー”を達成した。

 イベントの模様は、スペースシャワーTV『モンスターロック』で2週にわたり放送予定である。