【映画『HERO』】”LOVE要素”はあまりいらない!? 女子高生のトークも熱く盛り上がったオフ会レポ【札幌編】

写真拡大

公開12日間で観客動員数170万人を超え、大ヒットを記録している映画『HERO』。

【動画】映画『HERO』予告編を見る

7月上旬の『HERO』オフ会では緊急開催にも関わらず、多くの木村拓哉ファン、『HERO』ファンから1000名を超える応募があり、選ばれた方々による熱いトークが全国各地で繰り広げられてきました。

今回はその中から、4都市目となる北海道地区のオフ会をレポートしてみたいと思います。

先ほど、3日間ほどの応募期間にも関わらず、1000名を越える「オフ会」参加希望の応募があったと伝えたが、みなさんに今回の「オフ会」応募のきっかけを聞いて見ると、

マリ「応募したきっかけは『HERO』が好きなのと、木村さんがくるかなという密かな期待」

みか「同じく、木村さん北海道にくるかもと思った」

ももか「会えるかな、と思って」

とのこと。残念ながら、サプライズはありません! 

映画宣伝の人に聞いても、今まで木村拓哉は一度もサプライズで登場したことはないとのことでした。

とはいえ、『HERO』のどこが好きか聞くと、みな言葉を詰まらせることなく、雄弁に応えてくれる人が多かった。

今回、北海道地区では17歳の女子高生が2人、オフ会に参加。

かおる「シーズン1の時は2歳だったので、初めて『HERO』を見たのは再放送。

それが小学校3年か4年の時なんですが、そのときからずっとドラマ見ていて、親にも『検事になりたい』ってずっと言ってたんです。

前から刑事ドラマがすごく好きで、その延長線上で『HERO』を見て、それまでは刑事というものしか知らなかったのに、検事というものがいるんだと、新しく興味を持ちました。

私は木村拓哉だからというのではなく、久利生公平として『HERO』のドラマを見て、すごく好きになって、Smapのファンになったのもその後です」

久利生のどんな魅力から、「検事になりたい」と思ったのだろう。

「久利生は事件解決まで他の人に言わずに、知らない間にきっかけになる場所に事件の鍵になるものを聞きに行ったりしている。

感性で動いているのがかっこいいな、と……。久利生の行動を見て、真実を見る目が重要だと思いました。

小学校のときに見たので、社会のダメなところとか『HERO』から学んだ気がします」

もうひとりの女子高生、17歳はSmap好きから『HERO』にはまっていったという。だが、『HERO』の好きなところを聞くと、

ももか「城西支部の人たちが好きです」

と答えが返ってきた。

『HERO』には説によると、木村拓哉だけでなくみんなが”HERO”であるというコンセプトがある。主人公だけに視聴者が向いていないのが、このドラマのいいところでもある。ほかに好きなキャラクターを聞くと、

「映画(1作目)の香川照之さん。最初は全然協力的じゃなかったけど、最後に『写真とかこれ使えよ』みたいに変わっていくのがいい」

最初、久利生と対峙しているが、だんだん歩み寄っていく人物。そういった「仕事を持つ男と男の関係」が『HERO』の魅力であるという答えは、ほかにも多く出ました。

あきこ「私は「特別編」の中井貴一のエピソードが好きで、あのシーンは泣かずには見られない(笑)。

今回の映画は佐藤浩市で、彼もいい男じゃないですか。男の人同士のぶつかりあいっていいな、って思いますね。

時代劇じゃなく、現代のドラマの中で男同士が闘いあうシーンというものが、けっこう『HERO』では多いから、そこは男の人がグッとくるところじゃないかと。

『HERO』に登場する男はみんな仕事を確立していて、立場によって言わなければいけないことがある。だけど最終的には折り合うところを見せたりするので、楽しみです」

ゆり「『HERO』では、自分の仕事に自信をもって一生懸命やっている人たちが、よくぶつかりあう。新しい映画でも男たちが自分たちのプライドを持って進んでいき、最後は同じものを目標としてどんどん前へと進んでいくという展開が見たい。

私は”LOVEの要素”はあまりいらないタイプなので、男同士の関係を見て、スカッとできたらいいなとかなと思います」

ゆうこ「私、何度でも見ようと5枚『HERO』のチケット買っています!

何回も見ると「この間気づかなかったけど、小物とかほかの人たちの映り方がよく見えるんです。1回目の鑑賞は久利生さんばかり見ているんですけどね(笑)」

マリ「木村さんのドラマでいちばん好きなのは『HERO』かもしれない。恋愛ものじゃなく、日常的なことでもないんだけど、入り込めるのが『HERO』かな」

見る者を没頭させ、楽しませるツボが『HERO』にはたくさんあることを実感させられた。