インターネットにおける音楽ジャンル「VOCALOID」シーンにおいて、並みいるボカロP陣の中でも最古参にして、実力派の作曲家・cosMo@暴走Pによる人気曲「僕は空気が嫁ない」が、スマッシュヒットを記録した「初音ミクの消失 小説版」での黄金タッグ、cosMo@暴走P(原作・イラスト)×阿賀三夢也(著)によって、待望の小説化。ぽにきゃんBOOKSより、3日に刊行が開始される。価格は1,200円+税。

「僕は空気が嫁ない 〜オルタナティヴ・リミックス〜」あらすじ
仙台の高校に通うひとりの少年、どこにでもいる、ごく普通の純情な高校生。
ただし、絶望的に空気が読めない男「長坂 楠」。
照れ屋で人一倍気を使って、場の空気を読んでしまうクラスメート「島本 鈴希」に恋をした楠は、人目を気にせずいつでもどこでも、鈴希にアプローチ!
「生理的にムリ」と突き放されるも、めげない楠の想いは届くのか!?
そんな時に街では、とある事件が起こり始めて……。

ちょっと不思議で、どこまでも愛おしい――コミカルラブストーリーの幕開けです!
なお、「僕は空気が嫁ない 〜オルタナティヴ・リミックス〜」初回限定版には「3大特典」が用意されている。原曲「僕は空気が嫁ない」をcosMo@暴走Pの盟友・ガルナ(オワタP)が大胆和風アレンジにリファインした「新規アレンジ音源」や「電子版ダウンロードコード」、さらに本作の登場キャラクター「猫」役に声優の中田譲治をキャスティングした「スペシャル映像」。これらが全て入手できる「ポニカ(ダウンロードカード)」が付属する。

また、若手声優の白井悠介をナレーションに起用した本作の告知トレーラーも公開されており、ニコニコ動画やYouTubeにて視聴が可能。さらに既発の小説「星屑ユートピア」ならびに「アンロック・シティ」と連動した「読者様感謝イベント」も企画されている。

(千駄木りん)