夏になると暑さで消化機能が低下するせいか「鰻と梅干しは一緒に食べてはいけない」など食べ合わせの悪いものについて話題になることがあります。ここでは食べ合わせが悪いといわれる食品について、その理由を調べてみました。

食べ合わせが悪いってどういうこと?

「食べ合わせが悪い」とは消化の悪い食品の組み合わせのこと。「合食禁(がっしょくきん)」「食合禁(しょくごうきん)」ともいって中国より伝えられた食習慣です。江戸時代には貝原益軒が「養生訓」で多くの食べ合わせの悪い例を載せています。古くから伝えられる合食禁には科学的な根拠があるものとないものが混在していますが、現在では、栄養学に基づいた合食禁もあるので食生活に取り入れてみましょう。

合食禁にはどんなものがある?

「鰻と梅干し」は古くから取り上げられる食べ合わせの悪い食べ物。鰻が脂っこくて、梅干しに強い酸味があるので、消化に悪いとされていました。ところが、現在では、梅干しの酸味はうなぎの脂の消化を助けるので実は組み合わせのよい食品だということが分かっています。食べ合わせが悪い食品について以下にご紹介しましょう。

カニと柿・茄子の漬物とそば:体を冷やすためくるみと酒:血圧を上げやすいため生卵とところてん:消化に時間がかかってしまうため酒とからし:血行をよくするので、体に炎症がある場合悪化してかゆみやでることもわかめとねぎ:わかめに含まれるカルシウムの吸収をねぎのリンが阻害し、吸収効率が悪くなるから

食べ合わせが悪い組み合わせでも、食べすぎなければ、健康を阻害することはありません。しかし、暑い時期は胃腸の機能が低下しやすいので、食べ合わせで体調が悪くなることも。食材の組み合わせを意識しながら食事を摂ってくださいね。


writer:松尾真佐代