「ソラレン」という成分を知っていますか? 紫外線を吸収してシミを作りやすくするといわれています。意外にも果物や野菜に含まれます。朝は果物や野菜ジュースでビタミンCを補給すると体によいのですが、肌のことを考えるとソラレンを控えるのがベター。気になるソラレンと紫外線の関係をまとめてみました。

ソラレンとはどんな成分なの?

ソラレンは、野菜や果物に含まれ、光を受けると活性化する物質。乾癬・白斑・掌蹠膿疱症・アトピー性皮膚炎の患者には、ソラレンに紫外線をあてる治療が行われています。ソラレンを摂取して7時間はその影響力が持続。2時間ごろにもっとも活性化します。そのため朝食にソラレンを摂って紫外線対策をしないとシミができる可能性があるのです。

なんと、ソラレンはビタミンCが多い果物・野菜に含まれる

ソラレンはさまざまな果実や野菜に含まれます。果実ではレモン、オレンジ、グレープフルーツ、いちじくなど、野菜ではきゅうり、パセリ、セロリ、みつばなど。サプリメントのクロレラにも多く含まれます。ビタミンCやカロテノイドが豊富なので、ぜひ摂りたい食品ばかりですが、食べる時間帯を選び、摂った後は紫外線対策をしないと肌に悪影響が出ることもす。お肌によいとされるエッセンシャルオイルでも、レモン、グレープフルーツ、ビターオレンジ、アンジェリカ、ベルガモットなどは要注意です。

ソラレン対策はどうすればいい?

ソラレンを含む食品を朝から摂るのを控えて、夕方や夜に食べるようにすればシミができるリスクは少なくなるでしょう。ただし、今まで続けてきた朝食の習慣もあると思いますので、野菜ジュースや果物を摂ったら、UV効果のある日焼け止めや化粧品を使ってソラレン対策を。ソラレンを含まないか、含有量が少なくてメラニン色素を作らない食品を選ぶ方法もあります。果物では、すいか、いちご、ラズベリー、野菜では、レタス、トマト、大根、かぼちゃ、ブロッコリーなどです。


writer:松尾真佐代