Doctors Me(ドクターズミー)- [2]世界三大激痛って知ってる? 〜心筋梗塞編〜

写真拡大

胸に激しい痛みを伴う…心筋梗塞について

心筋梗塞とは、血液の流れがストップし、心筋が懐死してしまう状態のことを言い、胸に激しい痛みを伴います。詳しく見てみましょう。

どんな症状があらわれるのでしょうか?

心筋梗塞/急性心筋梗塞陳旧性心筋梗塞の症状は、胸部に感じる強い痛みや締め付けられるような感覚が30分以上継続し、冷や汗が出たり血圧が低下したりするものです。
また、高齢者や糖尿病患者の場合、「無痛性心筋梗塞」といい、息切れや吐き気などの症状のみで全く痛みを伴わずに発症を引き起こすケースもあるので要注意です。

原因はどんなことが考えられますか?

主に下記の2つが挙げられます。

・動脈硬化が進行すること
・血管内のプラークと呼ばれる脂肪などの固まりが破れ、血栓ができてしまうこと

食事、運動、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣の違いが大きく影響するようです。

どんな治療法があるのでしょうか?

心筋梗塞/急性心筋梗塞陳旧性心筋梗塞を予防するためには、動脈硬化への対策を行うことが効果的です。下記等が挙げられます。

・栄養バランスのとれた正しい食生活を維持
・毎日の適度な運動
・規則正しい生活習慣

特に食事に関しては、心筋梗塞の予防に効果があるといわれている栄養素、

・カルシウム
・カリウム
・食物繊維
・n-3系脂肪酸(DHAとEPA)

を意識的に摂取することが考えられます。