最年少の浅野拓磨、先発出場に意欲「最初から出たい気持ちはある」

写真拡大

 1日に開幕するEAFF東アジアカップ2015に臨む日本代表は、中国・武漢に到着後初めてとなるトレーニングを7月31日に行った。サンフレッチェ広島に所属する同代表FW浅野拓磨が、練習を終えて取材に応えている。

 今回の招集メンバーの中で最年少の浅野。「自分がどういう役割で呼ばれているかはまだ分からないですけど、最初から出たいという気持ちはあるので、もしそこで出れば、どんどんチャレンジするだけかなと思います」と先発出場へ意欲を見せるも、「どういう時間帯でどういう役割を与えられたとしても、やるべきことはあまり変わらないと思うので、自分の特徴をしっかり出せればどういう状況でも通用すると思いますし、特に固く考えずに与えられた役割を果たしたいなと思います」と、途中出場も意識している様子を見せた。

 センターFWとウイングで起用された場合の役割の違いについて問われると、「やっぱり変わってくると思いますし、センターFWとウイングも役割が違うので。でも攻撃面であったりは見せる部分は変わんないかなと思いますし、どっちでも特徴をしっかり出せれば通用するポジションだとは思ってます。なかなかウイングっていうのはやることは少ないですけど、もしこの代表でその役割を与えられれば、戸惑いもあるかもわからないですけど、まずはしっかりチャレンジしていければ、それがまたいい流れに変わると思いますし、やりやすさにもつながると思います」と、コメント。

 そして、「まだコンセプト的なこともハッキリと言われてないですし、自分がどういう状況でっていうのも分からないので、与えられたことを100パーセントやるだけかなと思います」と、意気込みを口にしている。

 2013年に韓国で開催された前回大会で初優勝を遂げ、連覇を目指す日本代表は2日に北朝鮮代表、5日に韓国代表、9日に中国代表と対戦する。