柴崎、得点への意欲を口に「1回2回来るチャンスを決められれば」

写真拡大

 1日に開幕するEAFF東アジアカップ2015に臨む日本代表は7月31日、中国・武漢に到着後初めてとなるトレーニングを行った。鹿島アントラーズに所属する同代表MF柴崎岳が、大会に向けてコメントしている。

 7月29日に行われた明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第5節のサガン鳥栖戦では、自身初となるリーグ戦での1試合2ゴールを記録した柴崎。「代表でもクラブでも基本的にやることは変わらないので、試合の中で1回2回来るチャンスをしっかりと決められればいいと思います」と得点への意欲を口にした。

 また、「自分の特徴を生かしたプレーはチームの中で攻撃力を持ってやりたいと思いますし、それがチームのために結果に結びつければいいパフォーマンスになると思います」と、初戦に向けて意気込みを語っている。

 中国の厳しい暑さについては、「僕は武漢に関してはそんなに暑くないかなと思います」と気にしない様子を見せると、「ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)で中国のチームともやりましたけど、非常にタフな戦いをしてくるチームだと思いますし、技術的にも優れていると思うので、しっかりとチームとして分析しながら試合にのぞみたいなと思います」とACLでの経験を踏まえ、3試合目で対戦する中国代表を警戒した。

 2013年に韓国で開催された前回大会で初優勝を遂げ、連覇を目指す日本代表は2日に北朝鮮代表、5日に韓国代表、9日に中国代表と対戦する。