必ず2回目につながる!目当ての彼との初デートで失敗しないテクニック

写真拡大

やっと目当ての彼との初デート。洋服やメイクはバッチリで、会話も楽しく盛り上がったはず。なのに、それ以来、彼からの連絡は途絶えて2回目のデートにはつながらなかった…なんて経験はない? 

「初デートで恋を進展させたいのなら、次のテクニックを実践するべきです。そうすると2回目のデートにつながりますよ!」

そう教えてくれたのは、恋愛コーチの立川ルリ子さん。さっそく彼の心の掴み方をチェックしてみよう!

◎彼の“嫌なこと”調査をする
初デートのときは、相手がどんなことを嫌かわからないので、さりげなく引き出しておくのが得策。あくまでも軽いテンションで「今まで女性にされて嫌なことはある?」と切り出そう。なんだか恋に関する探りを入れているみたいで気が引けるという場合は、「最近怒ったことはある?」「苦手なことは?」という質問でもOK。彼の嫌なことがわかったら、そういった行動を避けるようにして。

◎さりげないボディタッチを演出
初デートでは“思わず触れた”ぐらいのボディタッチを実践! “食事のときにフォークをとろうとして手に触れてしまった”“洋服についているゴミをとってあげようとしたら腕に触れてしまう”など、ハプニング的なボディタッチが効果的。

◎次にデート中に彼がしてくれる“いいこと”を積極的に探す
例えば“車道を歩いているとき、さりげなく彼が自分を歩道側に入れてくれた” “おもしろいギャグを言って笑わせてくれた”など、ほんのささいなことでもいい。見つけたら、「ありがとう」「うれしい」「すごい」「そういうことしてくれる人が好き」などと、ストレートに伝えて。

初デートだからといって「次につなげなきゃ!」と気張り過ぎないことも大切! 彼と一緒にいられる時間に感謝して、めいっぱい楽しんで。

立川ルリ子
恋愛コーチ。25歳よりラウンジを経営、のべ200人以上の接客業の女性たちをコーチングの技術で魅力的に育て上げる。その後ネイルサロン経営に転身。施術中に恋愛相談をすると「必ず結果を出せるアドバイスがもらえる」と話題になり、恋愛カウンセリングが人気に。2011年より定期的に恋愛セミナーを開催。10年で7万人という顧客データをもとにしたアドバイスには定評がある。近著は『「この女に愛されたい」と思われる“彼女”になる方法』(大和出版)、『気のない彼、無理めな彼、マンネリな彼、どんな彼でも自然とあなたに恋する本』(SBクリエイティブ)。女性の恋の悩みを解決する日本最大級のサイト「恋愛ユニバーシティ」にてコラムを執筆中。