気分は西海岸!横浜赤レンガ倉庫で「RED BRICK RESORT 2015」

写真拡大

横浜の赤レンガ倉庫イベント広場で開催される「RED BRICK RESORT 2015」は、日本にいながら海外のビーチリゾート気分を体感できることで毎年人気の夏イベント。今年は、「アメリカ西海岸」をテーマに、2015年8月1日(土)から30日(日)まで開催されるとか。7月31日(金)はプレオープンで、16時からスタートする「オープニングセレモニー」では、華やかなチアリーディングも。

会場は、「砂浜エリア」「ウッドデッキエリア」「リラックスエリア」の3つのエリアに分かれているそう。

特に注目は、会場入り口のほど近くに広がる「砂浜エリア」。白い砂が敷き詰められていて、西海岸を象徴するような長さ20mの木製の桟橋も登場。その脇には、18台のビーチベッドが並んでいるので、横になってくつろぐこともできる。

桟橋の先の「ウッドデッキエリア」には、バーやフードブースが登場。「カリフォルニアブリトー」(900円)や、サフランライスにチキンを乗せた「チキンオーバーライス」(1200円)、野菜やフルーツたっぷりの「スムージー」(800円)、ラム酒ベースの「シーサイドラムパンチ」(800円)など、西海岸で人気のフード&ドリンクを味わえる。

桟橋の上にはロングカウンターもあるので、白い砂浜越しに赤レンガ倉庫を眺めながら食べるのも気持ちよさそう。

ウッドデッキの先には「海側エリア」があって、毎年好評の、冷たい水に足をつけて涼をとる『足水』スペースのほか、今年は特別なソファ席もあるとか。

「周囲を水に囲まれたエリアにソファを置いてあり、水面に浮かんでいるような気分を味わっていただけます。また、横浜港を見渡せるのもポイントです」と、広報担当の本多さん。

日没後は会場全体がライトアップされ、幻想的な雰囲気で大人っぽいビーチにさま変わりするから、真夏の夜のデートにもぴったり。青い空の下でカリフォルニアの風を感じた後は、夜のビーチリゾートも楽しんで。