炭疽菌テロ事件でNBCニュースに送りつけられた封筒

写真拡大

 2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件が発生。その衝撃が覚めやらぬ9月18日と10月9日に、大手テレビ局、出版社、上院議員に、炭疽菌が入った容器を封入した手紙が届く。手紙には「次はお前だ すぐペニシリンを用意しろ アメリカに死を イスラエルに死を アラーは偉大なり」とあった。その後、炭疽菌による肺炭疽で5人が死亡、17名が負傷。アメリカ全土のみならず、世界中を震撼させた炭疽菌テロ事件だ。

 9月18日付消印がある5通の封筒は、トレントン局管内のポストから投函された。4通はニューヨークのモルガン局を経由し、NBCニュース、ABCニュース、CBSニュース、ニューヨークポストへ配達された。1通はフロリダ州ウエストパーム局を経由し、ボカラトンに本社があるアメリカン・メディア社へ配達された。

 アメリカン・メディア社に届いた封筒に触れた写真編集員は、嘔吐と息切れを起こして卒倒し、10月6日に死亡。ニューヨークポストとNBCニュースに届いた1通は発見され、3通は開封者が炭疽菌に感染した。

 その3週間後、10月9日付でトレントンの消印がある封筒は、サウスダコタ州の民主党上院議員のトム・ダシュル上院多数党院内総務と、バーモント州のパトリック・リーヒ上院司法委員会委員長へ配達された。10月15日、ダシュル宛ての封筒は側近が開封した。封筒には高度に洗練されたシリカ状の純粋な炭疽菌胞子約1gが封入されていた。リーヒ宛ての封筒は、ZIPコードが間違っていたためバージニア州スターリングに配達され、郵便局員デビッド・ホースが炭疽菌を吸入した。

 炭疽症の原因細菌である炭疽菌は、学名を「バチルス・アンスラクス」という。バチルスは細菌の形が棍棒のような形をした桿菌、アンスラクスは木炭・石炭の意味だ。炭疽菌は、自然界に普通に存在する土壌細菌だ。皮膚炭疽に罹ると、炭のように黒い悪性のデキモノになる。芽胞状態の菌を吸い込むと、肺炭疽になる。致死率は90%だが、抗生物質で治療すれば治せる。各国の軍事機関は、第二次世界大戦後、生物兵器として炭疽菌の研究を進めてきた。

容疑者が自殺し、バイオテロは終息したのか?

 捜査には数百人ものFBI(連邦捜査局)捜査官が動員された。捜査範囲は6州に及び、事情聴取の対象者は延べ9000人以上、6000人に召喚状が発行せれたが、捜査は難航し、長期化した。

 2005年4月4日以降、FBIが容疑者を絞り込んだ。メリーランド州フレデリック市にある陸軍感染症医学研究所の科学者ブルース・エドワード・イビンズ。イビンズはアメリカの炭疽菌研究の第一人者だった。ジョージ・W・ブッシュの再選を推す熱心な共和党支持者で、ラビとイスラム教徒の対話を否定する過激なキリスト教原理主義者でもあった。真犯人なら動機は明確だ。

 だが、2008年8月1日、イビンズはアセトアミノフェンの大量服用で自殺した......。
 2008年8月6日、FBIはイビンズの単独犯行と発表。2010年2月19日、米司法省もイビンズの単独犯行と結論し、調査終了を宣言した。米司法省は分析の結果を公表している――。

 イビンズが培養していた炭疽菌の胞子に、遺伝子的な類似点がある。事件直前、研究室に長時間滞在していた。深夜や週末に不自然な勤務の形跡がある。犯行に使われた封筒は自宅周辺の郵便局で売られていた。送付した封筒に付着した指紋のDNAと、研究室のフラスコに付着した指紋のDNAが一致した。送付された3通の封筒のうちの1通はイビンスが偽名で借りていた私書箱から送られた......。

 これら数々の状況証拠から、イビンズが真犯人と断定されたのだ。

 犯行の動機は何か? イビンスは抑うつ状態だった。FBIの事情聴取を受けたイビンスの兄弟は、「自分を全能だと思っていた。政府の圧力に苦しみ、自殺しても不思議ではない」と話す。マスコミは犯行の動機を、炭疽菌ワクチンの効果を試すためだと報道。司法省は、炭疽菌ワクチンの開発が滞り、開発の打ち切りを恐れ、テロによってワクチンの必要性を国民に気づかせようと図ったと説明した。9.11テロの恐怖が生々しい時期に凶行すれば、アルカーイダの犯行を臭わせることができると考えたのだろうか?

 しかし、インターネット上では市民から数々の疑問が投げかけられ、FBIや米軍の陰謀説も流れる。

 イビンスが使用していたフラスコに、他の研究者が近づくことは可能だった。バイオテロの専門家は、犯行に使われた炭疽菌は、感染性を高めた兵器級の特殊な炭疽菌で、イビンスが単独で作れるのかは疑問と指摘。さらに、プリンストンのポストから発見された毛髪とイビンスの毛髪は不一致だった。筆跡鑑定も不明――。すべて状況証拠で、決定的な物的証拠がなかった。

郵便配達職員のDNAに刻まれた「消印」をたどると......

 2001年、ハーバード大学医学部の研究者たちが興味深い研究を発表している。

 炭疽菌のような強い毒性をもつ物質に接触した人のDNAの一部に、何らかの刺激を受けたという記録が残る。例えば、麻薬やマリファナを吸うと、DNAの塩基配列の一部分に作動していない塩基が見つかる。つまり、強い毒性の刺激を受けると、DNA一部が一時的に機能を停止するのだ。

 だが、このDNAの特性は、炭疽菌テロ事件の捜査では活用されなかった。活用されていれば、被害の拡散を抑えられたかもしれない。

 例えば、まず郵便局内の仕分け職員のDNAを解析する。その職員のDNAに炭疽菌の異常が見つかれば、どこから集荷された郵便物かを調べる。次に、その郵便物を集荷した配達職員のDNAを解析し、集荷したポストを特定する。そのポストのある地域を張り込んで、容疑者を絞り込む。

 このように、郵便配達職員のDNAに刻まれた「消印」をたどって行けば、容疑者を囲い込めたかもしれないのだが......。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。