昨年10月末に顔面神経麻痺を患ったお笑いコンビ・TKOの木下隆行さん(写真は公式Twitterより)

写真拡大

 昨年10月末に顔面神経麻痺を患ったとツイッターで報告をしたお笑いコンビ・TKOの木下隆行さん。異変に気づいた木下さんが都内病院にて検査を行ったところ、顔の左側、顔面神経麻痺と診断されたが、精密検査後、比較的軽度の症状だった。担当医師の指示のもと通院治療を行い、番組スタッフとも相談をしながら仕事を続行している。半年以上経った現在、麻痺を自覚することも減り、通院もなく、定期診断のみだという。

顔面神経麻痺とは、どのような病気か?

 顔面神経麻痺の主な症状を、藤田保健衛生大学七栗サナトリウム病院長・園田茂先生は次のように語る。

 「顔面神経は、文字通り、顔の表情筋を動かす神経です。そのため、麻痺すると、顔の筋肉が思ったように動かせなくなり、顔が非対称になります。口の横の溝がなくなる、口角から水がこぼれる、まぶたが閉じられなくなる、額のしわ寄せが出来なくなるなどです」

 TKO木下さんは急性末梢神経麻痺(ベル麻痺)と報じられているが、ベル麻痺を含めて、顔面神経麻痺の原因は、大きく二つに分けられる。

 「顔面神経麻痺は、末梢性顔面神経麻痺と中枢性顔面神経麻痺に分かれます。末梢神経麻痺ではベル麻痺と呼ばれる原因不明の急性末梢神経麻痺が多数を占めます。ベル麻痺の原因としては、ヘルペスウイルスとの関与を示唆されていますが確定していません。末梢性では他に外傷、腫瘍、帯状疱疹ウイルスなどによる顔面神経麻痺があります。中枢性では脳卒中によるものが多いです」

 人間の筋肉は運動神経から脳の指令を受けて動くという仕組みだ。脳から伸びた運動神経は左右の耳のあたりにある骨のトンネルをくぐり抜けて顔の左右に広がる際に、何らかの原因で神経がはれてしまう。すると狭い穴の中で神経が圧迫されて顔の筋肉が自由に動かなくなるのが、急性末梢神経麻痺(ベル麻痺)だ。

 また、関与が確定していないが、もしヘルペスウイルスが及ぼすのなら、疲れや睡眠不足、ストレスなどが重なり体の抵抗力が弱まると、普段は隠れていたはずのヘルペスウイルスが動き出すため、顔面神経が麻痺するといえるだろう。

顔面神経麻痺のリハビリ法とは?

 顔面神経麻痺のリハビリで、最も大切なことは「頑張らないこと」だと園田先生は言う。

 「顔面神経では顔のいろいろの場所に行く神経が密接しているため、再生した神経が誤った筋肉に繋がってしまうこと、つまり迷入を避けるのが大切です。手足の麻痺のリハビリでは手足をなるべく使うようにするのが原則ですが、それとは違い、顔面神経麻痺のリハビリでは頑張らないことが重要になります」

 具体的なリハビリのプログラムは、次の通りだ。

 「リハビリは、顔を動かすことや低周波刺激を控え、マッサージやストレッチングにより顔の筋肉の短縮予防を行います。逆に言うと動くからといってその動きを強めようと頑張ってはいけない、ということです」

 マッサージやストレッチなど、日々の地道な努力が、リハビリ効果を高めることは、言うまでもない。TKO木下さんは、軽度の症状だったため、仕事にも復帰できたが、もし重度の症状だったら、どのようなリハビリになるのだろう。

 「神経のダメージ(神経の軸索が途切れてしまっている度合い)が重症度になります。ダメージが大きいと、繋がっている神経と再生する神経との比を考えた時に再生する神経の割合が大きくなり、結果的に迷入の危険性が増します。ですから、動かそうと頑張らないようにすることが、よけい大切になります」

 重症度が増すと、顔面神経麻痺の後遺症(病的共同運動・顔面拘縮)や不全麻痺の可能性も生じる。その場合のリハビリは次のようになる。

 「病的共同運動とは、神経の迷入の結果、いろいろな顔の動きが一緒に起こってしまうことです。たとえば、口笛を吹くように口をすぼめると目が閉じる、目を閉じると同時に鼻唇溝が深くなる(口角が横に引かれる)などです。顔面拘縮の『拘縮』は、動かない、さらに動かさないために、周囲の結合織同士が繋がって結果的に他動的にも動かない範囲が出来てしまうことです。完全麻痺の時や、意図的に動かさない場合に拘縮が起こります。拘縮を防ぐために、マッサージやストレッチングを行います。まぶたを持ち上げるための神経は顔面神経ではないので、この動作は拘縮予防のために行って構いません」

 重度の症状を防ぐためにも、早期の治療やリハビリが必要不可欠だ。さらに顔面神経麻痺リハビリのモットーは「治りたい一心で無理やり動かそうとしてはいけない」。ぜひ心がけたいものである。
(取材・文=夏目かをる)