「アニマルくんと京子ちゃん」/画像は全て動画のスクリーンショット

写真拡大

子どもたちのおもてなしの心や思いやりの心を育む「こころの東京革命」の普及啓発アニメ「アニマルくんと京子ちゃん」が、YouTubeにて公開されている。

【Flashアニメで学ぶ「未来の変え方」 東京都と「鷹の爪」DLEがコラボ!の画像・動画をすべて見る】

元プロレスラー・アニマル浜口さんと女子レスリング選手・浜口京子さんという名物親子がメインキャラクターとして登場し、道端でポイ捨てをする男性や、子どもに挨拶を返さない女性に「思いやりの心」を訴えかけていくというもの。

コミカルなタッチの映像を手がけるのは、「秘密結社 鷹の爪」シリーズで有名なディー・エル・イー。また、同作の声優として知られるFROGMANさんも出演している。



東京都が推進する青少年育成の取り組み


「アニマルくんと京子ちゃん」/動画のスクリーンショット



「こころの東京革命」は、親や大人が責任を持ち、自らが手本となって子どもの正義感や倫理観、思いやりの心を育むという取り組み。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、東京都が中心となって推進している。

現在、「大人がすすんで挨拶しなきゃ!」編、「ポイ捨てはよくないぞ!子供も真似するよ」編、「心の東京革命説明」編の3編が公開されている。

参加したアニマル浜口さんは、気合の入った発声で収録に臨み、自分で納得のいくまで何度もチャレンジしたという。

ディー・エル・イーの愉快な公共団体コラボアニメ




近年では、このように公共団体とアニメ制作会社がコラボレーションを行い、注目を集める作品が増えている。そして、そういった事例の作品を制作している筆頭こそ、ディー・エル・イーだ。

ディー・エル・イーと言えば、一般的には、「秘密結社 鷹の爪」シリーズをはじめとしたFlashアニメ制作会社として名前を馳せている。同シリーズは2013年には劇場版として全国上映されたほどで、コミカルでちょうどいい脱力感の作風が、根強い人気を博している。

これまで、ディー・エル・イーは数々のアニメやCMを制作してきているが、最近では、全国農業協同組合連合会(JA全農)とのコラボによる、国産の肉や野菜をPRするためのアニメCM「おにくだいすき!ゼウシくん」を手がけたことでも知られている。

2014年1月から3月には第1期シリーズとしてTV放送され、11月からYouTubeチャンネルにて第2期シリーズが配信開始された。

主人公・ゼウシくん役を、「〈物語〉シリーズ」の千石撫子役などで知られる花澤香菜さんや、みの太役を『ドラえもん』で有名な大山のぶ代さんが演じるなど、豪華なキャスト陣で話題を呼んだ。



現在は、神奈川県のさまざまな施策をおもしろおかしく紹介する「かなかなかぞく」も手がけている。

神奈川県のとある街に住む神奈川家に住む人々を描いたもので、主人公・りかちゃんを演じるのは、TVアニメ「ひだまりスケッチ」シリーズのゆの役などで知られる声優・阿澄佳奈さん。「秘密結社 鷹の爪」に登場するキャラクターとのコラボムービーも必見だ。