写真提供:マイナビニュース

写真拡大

7月26日に千葉県・幕張メッセで開催された世界最大級のガレージキットイベント「ワンダーフェスティバル2015[夏]」のコトブキヤブースにて、さまざまな新商品の発表や展示が行われた。

今回コトブキヤブースでもっとも驚いたのは、『武装神姫』の1/1スケール(※神姫は全高15cmの心と感情を持ったフィギュア型ロボという設定)プラモデル『アーンヴァル』の塗装前原形が展示されていたこと。『武装神姫』はコナミデジタルエンタテインメントのコンテンツで、島田フミカネ氏らがキャラクターデザインを担当、アクションフィギュアの素体原型制作は浅井真紀氏が手がけていた。ここ3年ほどは新規の動きがなかっただけに、『武装神姫』がスケールプラモデルという形でコトブキヤから登場したことは驚きであり、神姫ファンには朗報だろう。

ホビージャパンの新企画でコトブキヤがフィギュア制作を担当する『ソード&ウィザーズ 覇剣の皇帝と七星の姫騎士』からは『雪城冬華』の塗装前サンプルが登場、神機の武装も含めるとかなり豪華な作りだ。ブースの一面を使った告知ビジュアルの前では同作のヒロインに扮したコスプレイヤーたちによる撮影会も行なわれ好評を博していた。

ブース内では恒例の「キューポッシュとらいみー」を開催。ユーザーがキューポッシュを自由にさわって体験していた。「とらいみー」周辺ではアイマス好きのユーザーなどが自慢のキューポッシュを持ち寄っての交流を行っており、未発売のキャラクターをフルスクラッチで制作している人も。こうした光景が見られるのはメーカーとユーザーが積極的に交流している「キューポッシュ」ならではかもしれない。「キューポッシュ」からは『艦隊これくしょん-艦これ-』の『響』と『暁』がアニメver.でのフィギュア化が告知されており、アニメver.の第六駆逐隊が勢揃いすることになった。

(中里キリ)