<全英リコー女子オープン 初日◇30日◇トランプ・ターンベリー・リゾート>
 海外女子メジャー第4戦目『全英リコー女子オープン』は初日の競技が終了。今大会には日本勢9人が出場。その中で宮里美香と大山志保の2人が“68”をマークして4アンダーの6位タイと好スタートを決めた。
 その2人の他にも成田美寿々が4バーディ・1ボギーの“69”で回り3アンダーの14位タイと奮闘。「狙い通りの攻め方ができた」と、4つのパー5で3つバーディを奪い、「満足しています」と充実した表情を見せた。
 この日は現地時間11時15分にスタートした成田。午後になり風が強くなったが、「やっと吹いてきたなと。吹かない方がおかしいよなと思って回っていたので、覚悟はしていたし、そんなに風が吹いたらどうしようという感じもしなかったですね」、リンクスの天候にも動じることなく好プレーを見せた。
 先の『全米女子オープン』では気合を入れて大会に臨んだもののまったく良いところなく予選落ち、それだけに今週はリベンジという思いは強い。ただ、この日はその思いを抑えてプレー、それが奏功した。「もちろんリベンジしたいと思ってきたけど、あまり肩に力を入れず、鼻息も荒くせずにやろうと思っていたので。今日はすごく落ち着いてできた感じでしたね」。
 2日目は第1組目でスタートする成田。「朝早いスタートで(宮里)藍さんにも「朝早い方が絶対いいよ」と言っていただいたので。明日はササッと回って、後続を待ちたいと思います」。天候次第だが風の穏やかな時間帯にスコアを伸ばし、さらに上位を目指したいところだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>