「ソルビトール」はさまざまな食品に添加されている成分です。コンビニやスーパーで食べものを買うと、必ずといってよいほど食品表示にその記載があります。「添加物だけど使っても大丈夫?」と思っている人のために、ソルビトールの安全性やはたらきについてまとめてみました。

ソルビトールってどんな成分?

天然のソルビトールは、果実(りんご、桃などバラ科に多い)や海藻類に多く含まれるブドウ糖(グルコース)から合成されてできる糖アルコールの一種。砂糖の60%の甘さがあるのに砂糖より75%カロリーが低いのが特徴。食品添加物のソルビトールは、とうもろこしやじゃがいものでんぷん、麦芽糖から作られていて、ほかの糖類に比べると発酵しにくいのが特徴。脂質をさせにくくしたり、でんぷんやたんぱく質の質を維持したりするはたらきがあります。

ソルビトールは甘味・香味成分

ソルビトールはその性質を利用してさまざまな食品添加物に利用されています。甘味・香味成分としてキャンディー、ガム、チョコレート、カステラ、まんじゅうなどお菓子やジュースに多く含有。ソース、佃煮、漬物など甘味を含む食品にも使われています。食品の長期の保存に効果があり、ハム・ソーセージ・かまぼこ・魚のすり身の食品添加物にもなっています。

医薬品や化粧品にも使われるソルビトール

医薬品としては、下剤、栄養剤、浣腸液として使われたリ、糖質を控えなければならない糖尿病患者には甘味料として利用されたりします。ソルビトールには、吸湿性があり肌の角質細胞にうるおいを与えるので、化粧水、乳液、クリーム、ローション、パック、ファンデーションのほか、シャンプーなどに配合。うがい薬、歯磨き粉では、口腔内で細菌や酸ができにくい性質が活かされています。このように医薬品にも使われるソルビトールは、天然由来で安全性も高い成分といえるでしょう。


writer:松尾真佐代