携帯の「うっかり通話」にプライヴァシーはない:米裁判所

写真拡大

会社のCEOを違法に更迭しようとする会話を携帯電話で誤発信してしまった元役員が、会話内容を記録した部下を訴えた裁判で敗訴した。連邦地方裁判所は、「携帯電話からの誤発信中に話された内容にはプライヴァシーがない」と判断したようだ。

「携帯の「うっかり通話」にプライヴァシーはない:米裁判所」の写真・リンク付きの記事はこちら

携帯電話で通話したあと、うっかりスイッチを切り忘れて、通話中のままポケットに入れてしまうことがある。あるいはロックを忘れてポケットに入れたままにすると、知らない間に誰かに電話をかけてしまうことも。こういう場合、自分の周囲の音を、会話も含めて、意図せず相手に送り続けることになる。

ケンタッキー州の連邦地方裁判所、およびオハイオ州シンシナティの連邦控訴審はこのほど、こうした「ポケット・ダイヤル」(ポケットに入った携帯電話からの誤発信)には、プライヴァシーが存在しないという判断を下した。誤発信による通話中に話されたことはすべて、受信者がたまたま聞いてしまっても問題ないというのだ。

『Bloomberg』の記事によれば、ケンタッキー州在住の元会社役員ジェイムズ・ハフは、2013年10月、会社のアシスタントに対して91分に及ぶ誤発信を続けたという。

詳細を裁判書類(PDF)から引用しよう。

ジェイムズ・ハフがイタリアに出張しているとき、彼のポケットの電話から、意図せずにキャロル・スパウに電話がかけられた。スパウは91分間電話を切らず、ハフが彼の妻やラリー・サビジ(出張に一緒に出かけていた同僚)と交わした会話を聞いてしまった。

ハフと同僚のサビジの会話はホテルのバルコニーで行われたもので、会社のCEOを更迭することに関するものだったという。CEOの個人秘書でもあったスパウは会話の重要性を知って聞いたことを書き起こし、その一部は自分のiPhoneを使って録音もした。その後、ハフはホテルの部屋で妻と会話をしたが、スパウはこれについても録音を行った。スパウはふたりの役員は違法にCEOを更迭しようとしていると考え、自分のメモを、のちに会社のほかの役員に回覧したのだ。

ハフはその2カ月後、私的な会話を意図的に傍受し、盗聴法に違反したとしてスパウを訴えていた。

しかし、ハフは連邦地方裁判所で訴訟に負けてしまった。裁判官は、ポケット・ダイヤル時の会話は保護されないと判断したのだ。

控訴審も7月22日、一審の判決を支持。「カーテンを開けっ放しにしたり、ウェブカメラをオンにし続けたりして家の中を公開している人と同様、プライヴァシーを求めているとは言いがたい状態だ」と、裁判官は述べている

ただし、妻との個人的な会話については、ホテルの部屋はプライヴェート空間であるという理由で判決を差し戻したという。

TAG

LawsuitPrivacySmartohoneWIRED US