暑い夏を何とか乗り切ったと思ったら、秋に入った途端に体調を崩してしまったなんてことはありませんか? 気温の変化が激しい時期は体調を崩しやすいものですが夏の過ごし方が、秋の体調崩れの原因かもしれません。

夏の暑さしのぎはどう対策している?

夏は気温が高くて汗をかきやすい季節。熱中症対策にも、もちろん水分の補給は欠かせません。汗をかくことによって体は体温を調節し、外気温に係わらず一定の体温を保つようにできているのです。でも暑いからといって、冷たいものを飲み過ぎたり食べ過ぎたりするのは禁物。冷蔵庫でギンギンに冷やした飲み物をたくさん飲んだり、暑いからといってアイスクリームやかき氷を食べる。これを夏の間、繰り返していると、内臓まで冷え切ってしまいます。特に腸が冷えてしまうと代謝機能が下がり、秋になって急に体調を崩す原因となってしまします。

夏の疲れを秋まで持ち越さない過ごし方!

暑い夏は汗をかきやすく食欲も衰えがちです。疲れやすい夏を上手に乗り切って、その疲れを秋まで持ち越さない過ごし方をご紹介します。

冷たいものを摂りすぎない

暑いからといって、水分補給に冷たいものを飲むのではなく、常温の飲み物を飲むなどして腸を冷やしすぎないようにしましょう。体温の調整は汗をかくことで行われるので、必要以上にアイスクリームなど冷たいものを食べ、内臓まで冷やしてしまうのもNGです。

夏野菜を多めに食べて体温を調整

トマトやキュウリなど夏が旬の野菜には、体を冷やす成分が多く含まれています。夏野菜を意識して多めに食べることで、暑い夏を快適に過ごすことができます。暑くて食欲がない時は、冷製スープにしたり、夏野菜を柔らかく煮込んだラタトゥイユなどにすると、食べやすいでしょう。

とにかく腸をいたわることを考えて

夏に腸を疲れさせないことが、秋を元気に過ごすコツです。スタミナをつけたいからといって、脂肪分たっぷりのお肉をガツガツ食べるのもNGです。また、体を冷やす夏野菜もいつまでも食べ続けるのでなく、夏の終わりがけには食べる量を減らし、できるだけ、消化がよく胃腸に優しいものを食べるようにしましょう。


writer:岩田かほり