写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●自分と戦国を生き抜くキャラクターたちとの共通項
カプコンの人気アクションゲーム『戦国BASARA』シリーズの10周年記念作品となる、PlayStation3/4向けゲームソフト『戦国BASARA4 皇』が、7月23日に発売された。

2005年のリリース以来、カプコンを代表するタイトルへと成長した本シリーズは、日本の戦国時代を舞台にしたスタイリッシュ英雄(HERO)アクションゲーム。その魅力は、ゲームのみならずアニメ、劇場版、舞台、各種グッズとコンテンツは瞬く間に拡大し、熱狂的なファンを生み出し続けている。

本作のオープニングテーマは、これまで『戦国BASARA』シリーズのテーマソングを歌い続けてきたT.M.REVOLUTION 西川貴教が担当。今回は、ゲーム中に西川の代表楽曲の一つでもある「HOT LIMIT」とのコラボ衣装が登場することも話題になっており、現実とゲームの世界を繋ぐ存在としてファンの期待を集めている。今回は、そんな彼が歌う「DOUBLE-DEAL」に込められた想いや長年支えてきた『戦国BASARA』シリーズについて、話を聞いた。

――「DOUBLE-DEAL」で『戦国BASARA』関連の楽曲としては10曲目、そしてシリーズも10周年を迎えたわけですが、「DOUBLE-DEAL」はどのような楽曲でしょうか。

今回、ゲーム内で新たに「ルーレット」というシステムが実装されているということもヒントになっています。生きていく中で必ず択一を迫られるわけですが、良い方と悪い方、どちらに転ぶかわかりませんが、どれを選んでも賭けだと思うんですよ。それは、自分と戦国を生き抜くキャラクターたちとの共通項になっていると感じたので、その気持ちを楽曲の方に落としこんでいきました。

――勝負に勝って生き残るというメッセージを感じる楽曲ですが、ゲームの製作陣から、何かリクエストや要望などはありましたか? また、ゲーム以外から何かインスピレーションを受けたことがあれば教えてください。

10年一緒にやっている『戦国BASARA』チームさんとの仕事だったので、自由にやらせていただきましたね。一つのテーマで10年間ともに作品を作り続けることも"賭け"に近いことだと思っています。

――やはり"賭け"というのを強く意識されたのですね。

そうですね、常勝ではないにしても、1タイトルごとに引くことなく押してベットし続けた結果が、この10年に繋がったと思っています。僕としても次のタイトルを見据えてではなく「これしかないんだ、あとはもうないんだ」という気持ちでぶつかっています。

――今回の初回限定パッケージには「Re:boot」として、『戦国BASARA』関連楽曲を新たに再録したCDが付属しますね。

演奏も含めて、すべての楽曲を新録音しています。演奏をしているのは、今回のライブ・ツアーのバンドメンバーです。収録は、一か八かという緊張感を演奏から感じてもらいたいので、すべてのメンバーが集まって「いっせーのせ!」の一発録りなんですよ。

●この10年の中で印象に残っているエピソード
――ライブ感のある仕上がりですね。10年前の楽曲などを録り直してみて、新たに感じたことなどはありますか?

ゲームやアニメは、ある種のファンタジー、夢物語だったりするのですが、物語の中で生きている「命」だったり「定」が、毎曲入ってきていることに改めて気づかされました。

――この10年の中で印象に残っているエピソードがあればぜひ。

一番最初のことなんですが、僕、すごく失礼なことをしていたんですよ。初めにこのお話をいただいた時にお断りをしていたようで。それを僕は存じていなかったのですが、断られてもスタッフの方が諦めずに……今度はレーベルの方に直接連絡をいただいて、10年間続くご縁が始まっています。もし断られて制作サイドの方々が「もういいや」と諦められていたら、今はないでしょう。スタッフの方々が粘り強く、辛抱強く交渉を続けてくれたおかげなんです。

―― 一番始めに、オファーを受けた時の印象は覚えていますか?

正直、どんなゲームなのかわからなかったので、なんで僕なんだろう? という感じでした(笑)。後に知ったんですが、『戦国BASARA』シリーズの小林裕幸プロデューサーが「僕のファンだ」と公言していたことが、この縁のきっかけになったようで。本当にありがたく思っています。

――ちなみに、これまでの発売されてきた『戦国BASARA』シリーズのタイトルで最も印象に残っているものはどれでしょう?

やはり最新のものが一番印象に残っています。過去の作品もそれぞれ魅力がありますけどね。

――最新作といいますと、「HOT LIMIT」の衣装をベースにした、徳川家康専用の革命的な衣装が、ダウンロードコンテンツとして登場しますね。こちらも発表から話題になっています。

こうやって、他のコラボレーションがアイコンとして成立している作品として捉えていただけていることが光栄です。

――今回、ツアー中にシングルを発売されますが、これにも狙いがありますか?

ツアー中のシングル発売ではありますが、すでに発売しているアルバムからのシングルカットという形での発売なので、特別な感覚は持っていません。とはいえ、せっかくやるならば、こういう機会でしかできない特別なことやってみようと思って、「Re:boot」として特典CDの形になっています。ぜひ多くの方に聴いていただきたいですね。

T.M.Revolution(西川貴教)
1970年9月19日生まれ 滋賀県出身
1996年5月、西川貴教のソロプロジェクト「T.M.Revolution」としてシングル『独裁.monopolize.』でデビュー。「HIGH PRESSURE」「INVOKE」などの大ヒット曲とともに、ジャパニメーション・ファン層を中心に海外での評価も高く、2012年11月には「Anime Festival Asia Singapore 2012」のメインアクトとして招聘された。2013年にはT.M.Revolution×水樹奈々コラボレーションシングル「Preserved Roses」「革命デュアリズム」も話題となり「NHK紅白歌合戦」にも出演を果たした。
(C)CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

(トランジスタ)